スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チョークシステム 

チョークシステム・・インジェクションではウォームアップコントロールになるのでしょうか。
今ではすべて自動になっていますからそんな言葉さえなくなってしまってますが、キャブレターからインジェクションに進化し変更され始め、ちょうど僕の世代ぐらいがキャブレターエンジンを調整した最後の世代になるのでしょうね。

僕が学生のころはまだオートチョークすらなく、朝エンジンをかける時には室内からチョークレバーを引いてからセルを回してました。
失敗するとかぶってしまってエンジンがかからなくなってしうなんてことがたまに・・
チョークを戻すのを忘れてずーと走ってて燃料が一瞬でなくってしまったという経験もあったり・・いろいろと大変でしたね。
そんな車に乗っていた方々は「懐かしいな~」なんて思っているんではないですか。

前置きが長くなってしまいましたが、メルセデスのゼニスキャブレターのオートチョークシステムの調整を少しだけ紹介します。
choke_6.jpg
向かって左側に付いているのがチョークシステムです。

オートチョークなのでバイメタルでチョークフラップの開閉をします。
choke_5.jpg
まずはこのバイメタルの位置が合っているかどうかを確かめます。
choke_1.jpg choke_2.jpg
バイメタルスプリングのエンド部分とハウジングのアイマークとが一致するようにバイメタルをよじるように調整します。

バイメタルハウジングの取り付けの際は反時計回りにスライドさせながら(チョークフラップが閉じていくのを確認)リッチの位置まで回し固定します。
choke_4.jpg

リッチの位置で固定したときにチョークフラップが全閉していなければなりませんが、ここでスロットルリンケージがアイドルアップ用のカムに引っかかっていることがありますから、一度スロットルを開いてフリーにしてやることを忘れないでください。
choke_3.jpg
もし完全に閉じていないようならば、写真のように横のストッパービスを緩めて調整してください。(引っかからない程度に)

この状態でエンジン始動したときに、チョークフラップが少し開く(ハウジングとの隙間が3mm程度)ようであればOKです。
この隙間にも調整がありますが、ちょっと細かくなるので必要ならばご連絡ください。

これでフラップの調整はできましたが、チョークシステムにはもっと詳細に調整するところがあります。
またご紹介することがあると思いますので、その時までお預けにしておきますね。(^^)/


[ 2007/04/02 19:39 ] 簡単整備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。