W111のフューエルタンクユニット 

フューエルタンクユニットと聞いて何のことかわかる方、結構自分で車をいじってるでしょう?
通常見えるところには付いていませんから知らないのが普通です。
名称は知ってるけど見たことはないという程度がほとんどだと思いますので、ちょっと紹介しますね。

別にすごいものではありません。ただの燃料メーターのセンサーです。

W111のタンクユニットを外してみます。
今回この作業の目的はタンクの内部を点検するためですが、タンクユニットを紹介したくて写真を撮りました。
このタイプの燃料タンクはトランクの下にありますから、外すのも簡単です。
tank_1.jpg

トランクの中央に丸いカバーが付いていて、それを開けると簡単に外すことができます。
tank_4.jpg tank_3.jpg

これがタンクユニットです。
tank_2.jpg
センサーのロッドの先にフロートが付いているという簡単なものですね。
ただこのタイプは古いタイプですから、機能的にちょっと問題があります。
気が付きましたか?
そうなんです、走行中タンク内の燃料が揺れるとフロートも揺れるので、メーターの指示も揺れてしまうんですね。
できるだけその揺れをなくすためにタンク内に別の仕切りを設けたりはしてあるんですが、やっぱり安定しません。

新しいタイプのタンクユニットはこんなものになっています。
tank_5.jpg
筒状の中にフロートが入れてあり、燃料は筒の小さな穴からしか出入りしないようにしてあります。
燃料が揺れても筒の中の燃料の量は急激には増減しませんから指示も安定するということですね。
これを垂直に取り付けて量を計っています。

燃料メーターの指示が変だなと思うときはこれを外して、逆さにしたりしてフロートを動かしてやれば動きが見れるので判断しやすいですね。
一度挑戦してみてください(^o^)

[ 2007/04/01 21:08 ] 簡単整備 | TB(0) | CM(2)
いつも読ませていただいておりますがプロとはいえ感心することばかりです。
いつもありがとうございます。
[ 2007/04/02 02:23 ] ひとやすみ [ 編集 ]
ひとやすみさん
いつもコメントありがとうございます。
普通ではあまり意識していないようなものをご紹介できればいいなと考えていますので、これからもよろしくお願いします(^^)
[ 2007/04/02 10:40 ] WERKE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター