メカポン式エンジンのアイドルアップ 

アイドリングとは各々のエンジンがスムーズに回転する最低の回転数のことです。
車によっては充電量を確保するためとかオートマミッションだからとか、他の目的のために少し高めに設定されているものもありますが、燃費等を考えるとできるだけ低い方が嬉しいですね。

クーラーやA/Tミッションなどの負荷がかかっていないときには低い回転数でアイドリングが安定しているのに、ドライブに入れるとエンジンが止まってしまうなんてことがありますよね。
これを解消するために強制的に回転数を上げてやるのがアイドルアップシステムです。
アイドルアップにはいろいろな方法があります。
最近の車はアイドリングをコンピューターで一定に調整していますから、特にアイドルアップは必要ありませんので、そんなことを必要としているのはやはり旧車とよばれる車がほとんどです。

基本的なものをちょっと紹介します。
キャブレターエンジンでよく使われているのが、ダイヤフラム式です。
idleup-7 idleup-6
これはマニホールドバキュームを利用したものです。
通常のアイドリング状態ではバキュームが大きいのでダイヤフラムのロッドを短く吸い込んでいますが、ミッションをドライブに入れるなどの負荷がかかるとバキュームが弱くなるのでダイヤフラムのロッドが伸びスロットルリンケージを押すという仕組みです。
ものすごく簡単な理屈ですが、これがすごい画期的なんですよ。
僕は考えた人を尊敬します。

次に今日の表題にしているのが、メルセデスでメカニカルポンプ式のエンジンに採用されている電気式のアイドルアップです。
このエンジンにもダイヤフラムを採用しているものもありますが、ほとんどが電気(ソレノイド)式です。

idleup-4 idleup-3
原理は簡単。ソレノイドモーターで直接スロットルリンケージを押すものです。

ここで紹介したいのはシフトレバーをドライブやバックに入れた時の電気信号をどうやって検知しているかなんです。
idleup-2 idleup-1
この写真のようにミッションがドライブとバックの作用時にかかる油圧を検知するプレッシャースイッチがついています。これでミッションが入ったよーと教えてくれるんです。
すごいでしょ!・・・でもなぜわざわざそんなものを付けているかは不明です。
別にシフトポジションを検知するニュートラルスイッチが付いているのになぜ?
こだわりかもしれませんし、回路を別にしたかっただけかもしれませんね。
僕にとってはすごく分かりやすいシステムで気に入ってますが(^^)

せっかくこのシステムがあるのに配線が外されている車が多いように思います。
年式からしていろいろなところで整備されているうちに外されてしまうんでしょう。
クーラーのアイドルアップと併用していることが多いので、ドライブに入れるとクーラーが入るという電気の逆流を防ぐために外してしまうと思うんですが、もったいないですね。
ちょっとリレーを使ってやれば簡単なのに・・

ということで今回整備させてもらったW113も同じように外されていたので、ちょっと改造してアイドルアップするようにさせてもらいました。
この車はそのクーラーの電源に少し問題がありました。
コンプレッサークラッチの電源とソレノイドの電源が直接サーモスイッチから取られていたことで、電流が大きすぎて接点が焼けてしまっていたことです。
この時期のサーモスイッチはもう手に入りませんから、皆さんも一度点検してみてください。
まだ間に合うかもです。
また話が脱線してしまいました・・・

最後に少し異質なアイドルアップシステムです。
メルセデスベンツW116,W123の'76~'80のエンジンでアイドリングでのイグニションタイミングが0度というとんでもない車がありますが、この車に採用されています。
クーラーを使ったときだけアイドルアップします。
0度というとんでもないタイミングは排ガス規制によるものですが、それを利用しています。そんな遅いタイミングではせっかく多くの混合気を送っているのにアイドリングはあまり上がりません。
そのタイミングをBTDC5度に上げてやると当然アイドリングは少し上がるというわけですね。
それでも5度かよ~って感じですが・・

ディストリビューターの進角用のダイヤフラムのところに遅角用のバキュームを入れています。
idleup-5
僕たちはリタードバキュームと呼んでいましたが、電気式のバキュームスイッチによりバキュームが来なくなると進角するシステムです。
なんかすごいシステムに感じますが、おそらくこのシステムはこの時期だけでしょう。
今からすればとんでもない時期でしたね・・

ドライブに入れるとエンジンが調子悪いなんて症状のある車は一度点検してみてくださいね。

[ 2007/03/09 20:41 ] 簡単整備 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター