交通ルール 

今日はドイツ人と交通ルールのお話です。
ドイツ人は交通ルールを本当によく守ります。
もちろん中には守らない人もいますが、
ほとんどの人がちゃんと交通標識守って走っています。

速度制限60km/hのところはほんとうにみんな60km/hで走っていますし、
一時停止は車が来ていなくてみんな止まります。

これは笑い話ですが、ある交差点でちょうど同じタイミングで2台の車が交差点に差しかかりました。
ドイツでは優先順位のない交差点では直進車両より右折車両の方が優先になるのですが、
直進車両が右折車両を先に行かせようとしたところ、右折車両が親切で直進車両に先にいかせようとしました。直進車両はここはお前が優先だからお前が先にいけといい、ついには両者ともお前が先に行けとけんかになってしまったそうです。

これはドイツ人の法遵守の精神が強いというお話でしたが、
実はこれだけ守られる交通ルールにはドイツ人の精神以外に訳があります。

ドイツの道を走ったことがある方ならご存知だとはおもいますが、
ドイツの道路には交通標識が本当に少ないです。
アウトバーンを走っていても、例えば速度制限120km/hの区間も、
ほとんどの場合、最初に速度制限の標識があり、
次は制限解除の標識まで何もないというのが普通です。
ですので、ドライバーは気をつけて標識を見ておかないと
知らずに飛ばしていると警察に御用となってしまいます。

ドイツでも、昔は日本のように標識をいたるところに設置し、
事故が起こるたびにまた新しい標識を増やしということをしていましたが、
いくら増やしても交通事故は減りませんでした。

そこで逆転の発想。
増やしてもダメなら減らしてしまおう。と誰かが考えました。
最低限の標識しか設置せず、ドライバーが標識に頼らず、自分で注意し自己責任で走るようにしたのです。

結果は交通事故が減り、標識設置の費用まで減り一石二鳥の政策となりました。
しかし、ただ標識を減らしただけではなく、
制限速度などは、この速度で走っていれば絶対安全という速度にするのではなく、
これ以上で走れば危険という設定になっています。
走っていても、日本のように広いまっすぐの道路で30km/hなんてところはなく、
大体が走っていて納得の速度制限になっていると思います。

それに、標識が少ないというのは景観にも良いというメリットもあります。
日本のようにせっかく景色のきれいな場所にいっても
道路に標識だらけでせっかくの景色が台無しなんてこともありません。

日本のお役人と標識屋さんが儲かるばかりの、
とんでもない交通標識はなんとかならないものですかね~。

ドイツの速度制限ですが、
アウトバーンは基本的に無制限(推奨は130km/h)
郊外は100km/h
市街地は50km/h

後は市街地の信号と速度制限についても、いろいろとお話をしたいのですが、
長くなりそうなのでまた次回ということで。

[ 2007/02/22 21:39 ] よもやま話 | TB(0) | CM(3)
初めての女性ドライバーのお話は大変お客様ウケが良かったです。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
海外の交通事情もなかなか興味深いものがありますね。小ネタ期待してます。
[ 2007/02/22 23:28 ] GACKY [ 編集 ]
なるほど☆

確かに標識がありすぎると安心しきっちゃって
あまり注意しなくなるんですよね(^^;
過保護の状態なんですよね

是非日本でもドイツの事情を参考にしてほしいです☆


[ 2007/02/23 15:48 ] kenbo [ 編集 ]
GACKYさん>
喜んでいただけてこちらも嬉しい限りです。これからも、はりきって書きますね。

kenboさん>
本当に日本の標識は多すぎると思います。少なくすれば高速道路も少しは安くなると思うのですが。。。。
[ 2007/02/23 19:02 ] WERKE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター