スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

190Eのテンションプーリー 

昨日のエンジンマウントに続き190Eのテンションプーリーのお話を少し。

これもW201とW124に採用されています。
エンジンの補器類を駆動するベルトが従来のVベルトを何本も使っているのではなく、平ベルト1本になった分ですね。

190Eが登場し初めてお目にかかった時はすごい画期的だと関心したものですが、いや~トラブルが多かったこと・・
メルセデス特有の「新しく採用されたものは壊れる」の典型的な機構でした。
pulley-1
これはパーツカタログですが、396のアームの部分が根元から折れてしまうというのが多発。
これが折れてしまうとすべての補器類が動かなくなるのでもちろんもう走れないのです。
従来のVベルト方式なら、例えばオルタネーターのベルトが切れたとしてもバッテリーがある間は走っていられるので、まだ救いようがあったんですが・・
リコールにはならなかったものの、入庫した車のすべてを補強された対策品に交換していったのを覚えています。

それと初期のタイプには図の534のダンパーも付いてなくてゴロゴロという音が当たり前に出ていて非常に不評でした。
もちろん例によってどんどん改良されて今の状態になったんですが、裏を返せば壊れる部品が増えたということですね。

今回はそのテンションプーリーダンパーを交換しました。
原因はタンパーが抜けていたため発進時にゴゴゴという音がしていたためです。
dunper-6

このダンパーは抜けてしまっていたので交換しなければならなかったのですが、取り付け部分のゴムが劣化してガタがでてしまい音がでることもあります。
dunper-7 dunper-5
この写真のようにゴムが劣化しヒビまで入っています。

これならこのゴムの部分だけ修理してやれば直りますから交換せずにすみます。ぜひご自身でやってみてください。
修理工場に依頼すると部品代より工賃の方が高くなることもありますから、あくまでも自分で頑張るんですよ(^^)
ではその方法です。
dunper-4
ちょうどいいホースを探してください。
dunper-3
適当な長さに切ります。
dunper-2
滑りを良くする為にグリスなどを塗ってハンマーで叩き込んでください。
この時簡単に入ってしまうようなら、ホースの内側にビニールテープなどを巻いて少し径を大きくした方が長持ちするでしょう。
dunper-1
余分な部分を切り取って完成です。

今日の日曜大工は楽しそうでしょう?
整備士になる日もそんなに遠くないですよ(^o^)/
[ 2007/02/06 21:33 ] W201 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。