メルセデス280SE3.5クーペ 

今日はメルセデスベンツ280SE3.5クーペのちょっとした作業をご紹介します。
matsu-1

お客様のMさんの話ではリヤサスがバタついて乗りづらいとのことで、サスペンション廻りを点検したところ、リヤサスペンション(デフハウジング)のフロント側のマウントが変形していたので交換することになりました。
matsu-2
スプリングが外れると危険ですから、写真に少し写ってるようにスプリングの両側からスプリングコンプレッサーで少し縮めておきます。
matsu-3 matsu-4
右側がひどく、完全に前側に寄ってしまってる状態でした。
この状態ではリヤアクスルが直接ボディの当たってしまっていたのでしょう。
それと右側だけが前方向へ移動した状態なので、リヤアクスル自体のアライメントも左向きになってしまって、まっすぐ走らなかったようです。
matsu-5
作業終了後、オーナーのMさん自身が走行テストに出て行かれましたが、しばらくして満面の笑顔で返ってこられました。

ちょっとした作業ですが、効果は結構大きい部品のようです(^^)

[ 2007/02/03 21:06 ] W111 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター