スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BOSCH CIS-Eインジェクション 

CIS-Eインジェクション・・ボッシュの機械式インジェクションの最終版ですね。
このインジェクション方式は以前ご紹介したKAインジェクションに始まり、ラムダコントロール式に変更され、これが最終別名KEインジェクション。
KAインジェクションのエアーフローの基本部分だけを残して、コールドスタートやウォームアップ、高負荷時の燃料コントロール、もちろんO2センサによるラムダコントロールなどをすべて電子制御にしてしまったものです。
CISE-2 CISE-1
このシステム図にはあのややこしい配管はなくすべて図10番のEHA(エレクトロ ハイドロリック アクチュエーター)によって制御しています。右の写真はそのコンピューターです。もちろん水温センサなどのセンサー類は別にあります。

ただコンピューター制御によって格段に進化してはいるのですが、個人的にあまり好きではありません。
どんどんお客さんの好みに合わせた調整ができなくなってきているからです。
まあいいものになっているのは間違いないですが・・

さて、今回このシステムを搭載している車のお客様より信号待ちなどで、エンジンがブルっと振れるという症状をお聞きしました。
いつもではなく時々ということでした。
通常のようにプラグを点検しラムダコントロールテスタで燃料制御の確認をします。
tester-1
テスターの指針は問題なく50%前後で振れています。
この時点ではアイドリングも安定していてエンジンの振れも感じません。

しかし、エンジンの回転を2,000回転ほどに上げて一定にしてやるとテスターの指針がどんどん下がっていってしまいました。
tester-2
最後にはほとんど0%のところまでいってしまいました。

これは何を意味しているかというと、
テスターの指針はコンピューターが燃料の量を制御している状態を示しています。
パーセントが低くなるということは、今エンジンは燃料が濃くなっているのでコンピューターで薄くするように制御している状態です。
ちょっとややこしいと思いますので聞き流してくださいね。

ここで問題なのはエアーフローメーターで基本的な燃料調整はされていますから、回転数が変わってもテスターの指針はほとんど変わらないのが正常です。
どこかにこの原因があるということですね。
この場合でよくあるのは吸気系統のどこかから余分な空気を吸ってしまていることが多いです。
理由は長くなるので、詳しく知りたい方は個人的にお問い合わせください。WERKEまでお越しいただければ実際にお見せできますし・・
この場合は空気を吸ってそうなところへ少しガソリンをかけてやるとエンジンの調子が変わったり、テスターの指針に変化がみられます。
また空気量が多くなってますので、アイドリングが少し高くなる傾向がみられます。

残念ながらこの車の場合はそれが原因ではありませんでした。

また長くなってますので、この詳細は明日ご紹介します(^^)/~
[ 2007/02/01 13:10 ] W107 | TB(0) | CM(6)
こんにちは。
表題の件について探し回っていたらこちらのサイトを見つけました。お詳しそうなので、ぜひ教えていただきたく存じます。
特に真冬、エンジン始動直後の発進が、何か引っかかっているかのように回転があがらない事があったので、ポテンショメーターをはずしてみると、フィルム抵抗が削れてしまっていました。
ポテンショメーターは合いマークをして元に戻したのですが、一連の整備直後から現在は燃費がものすごく悪くなって困っています。燃調はX11ソケットで図って大体適正範囲です。
ただ、アイドリングが1050回転くらいでしょうか、高めです。
このときの整備でATのOHもヘッドのOHもそれから燃料ポンプとフィルターの交換もしたので、どこが原因かはわかりませんが、とにかくこの燃費の悪化を何とかしたいと思っています。
ポテンショメーターが燃費の悪化に関係しているでしょうか。
燃調適正でなおかつ燃費悪化とポテンショメーターが頭の中で結びつかず、こんがらがっています。もしよろしければご助言をお願いします。
なお、車はW201エンジンはM103で現在まで20万キロを走っており、ATやヘッドも含めて整備は素人ながら私がすべてしています。
[ 2011/02/04 16:05 ] おいけ [ 編集 ]
おいけさん。

燃調のX11ソケットとはどれを指すのでしょうか?
ダイアグノーシスの3番のことでしょうか?

とりあえず燃調が合っている前提で考えましょう。
まずアイドリングが1050rpmということに問題がありそうです。
当然、アイドルアジャスターバルブで空気流量を制限しているはずですから、ポテンションメーターの信号異常かもしくはどこかから吸入エアー漏れがあるということになります。

もし漏れだとすると燃調はアイドリング時の余分な空気を合わせたもので、スロットルを開けると漏れている空気の割合からするととんでもなく濃い状態になっているかもしれません。

ちょっと邪道ですが、EHA(フューエルデスの横についている黒い箱)の配線を外してしまい、COテスターで燃調をとって燃費テストをするとポテンションメーターの不具合かどうかの確認ができます。

いろいろ試してみてください。

[ 2011/02/04 16:39 ] WERKE [ 編集 ]
早速のお返事ありがとうございます。
書き忘れました、アイドルバルブのコネクタをはずすとアイドリング回転数は800弱に落ち着きます。電子制御がうまくいっていないのではとは思うのですが、電子制御だけで燃費がここまで異常に悪くなるのがわからないのです。

教えてくださった方法、EHAのコネクターをはずして、燃調を取り直して燃費をとってみます。EHAはフューエルカットの機能だと思っていましたが。燃費にも影響があるフィードバックになっているのでしょうか。

ポテンショメーターの出力はアイドルで0.7ボルトプラスマイナス10%で、これは規定値内だと思っていたのですが、ポテンショメーターからの信号がどのように処理されて燃料噴射量にフィードバックされているのか、これが燃費の異常悪化に影響があるとすればどのようなシナリオなのか。もしよろしければレクチャーをいただければと思います。
[ 2011/02/04 17:37 ] おいけ [ 編集 ]
おいけさん。

残念ながら僕もポテンションメーターからの信号をどのように処理しているかは分かりません。

電圧により燃調カーブ(マップ)の位置を決めているのは確かですから、アイドリング時が正常でもスロットルを開いた状況で増量されているのかもしれません。

こちらではラムダテスター(ON/OFFレシオ)によって判断するのですが、ポテンションメーターが接触不良等の状態だとエラー表示になってしまい正常なコントロールはされません。

O2センサーが付いているならば、回転を上げた時の補正状態によってサーキットテスターある程度は判断できます。

付いていないのならばCOテスターで測ってみるといいのではないでしょうか。
[ 2011/02/04 21:00 ] WERKE [ 編集 ]
ありがとうございます。

いただいたヒントでもう少し頑張ってみます。
[ 2011/02/04 22:14 ] おいけ [ 編集 ]
亜木馬治郎さん
こちらに説明する文字数が限られていますので、できればinfo@werke.jpへメールいただけますでしょうか。 とりあえず、プラグがかぶっているようなのでコンロか何かでプラグのガソリンを焼き飛ばしてください。それでかからなければその他いろいろ確認していただくことになると思いますので、メールで説明できればとおもいます。 WERKE猪岡
[ 2014/02/14 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。