オーナーズマニュアル 

W111の220Sbセダン(通称ハネベン)のオーナーズマニュアルほか数冊が、お客様のご好意でWERKEのお宝に加わりました。
books
この写真はその一部ですが、僕もあまり目にすることが無かったものなのでちょっとご紹介します。

まず右下のオーナーズマニュアル。
1963年の220b/220Sbのどうも北欧向けのマニュアルのようで、ドイツ語、英語の他に3ヶ国語(どこの言葉かわかりません)全部で5ヶ国語の表記がすべてのページに書かれています。
45年も前なのにもうカラーでのページがあります。
owner-1
インストゥルメントの解説ページですね。

すごいなと思ったのはもっと後のページです。
整備書的な解説が書かれているのです。
owner-2
これはキャブレターの調整方法が解説されているページです。
他にはコンタクトポイントの調整やベルトの調整方法、ブレーキペダルの位置調整からクラッチの遊び調整などなど。
ジャッキアップしなければならないような作業方法までが書かれています。
自動車先進国というお国柄一般のユーザーでもある程度の整備ができたのか、それとも当時としてはこれが当たり前だったのかもしれませんが、僕は目にしたことがないのもあってちょっと感動してしまいました。

次は最初の写真で上の小さな本はサービスの拠点マップです。
これはアジアとオーストラリアの分です。
service-2
日本のページの表紙です。
ここで面白いものが2つ。
1つは写真で見えるでしょうか・・その国のガソリンのオクタン価が表示されているんです。
この当時日本ではレギュラーが84、ハイオクが96になってますね。
ちなみに現在の某石油メーカーのオクタン価はレギュラーが90、ハイオクが100ということで、ちょっとだけ良くなってるようです。
もう一つは写真の右端に写ってる「NIP」の表記。
普通なら「JPN」となるはずなんですけど何故なんでしょう・・
お隣の韓国は「KOR」となってますからやっぱり日本は特別扱いだったのでしょうか(^^)

残りの1冊はパーツカタログで今のものと同じでした。
ちょっと残念・・

あとWERKEには多くはありませんが、楽しい当時の雑誌がおいてあります。
book-1
カーグラフィックが’75~’89

office
メルセデスやらポルシェ、フェラーリ、アバルトなどなんやかんやとあります。

興味がありましたら本だけでもいいですから見にいらしてください(^^)/~

[ 2007/01/29 18:55 ] W111 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://diewerke.blog87.fc2.com/tb.php/31-1e22c83a

日本で最も権威がある自動車雑誌といわれている。海外のモータースポーツや新車レポートだけではなく、海外の車事情や公害問題、自動車安全問題など、日本の他の自動車雑誌が到底取り上げないような社会的な記事も多い。外来語の表記も独特であり、タイヤは「タイア」、コル
[2007/03/23 04:09] 雑誌が気になったぞ
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター