スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フューエルインジェクション Part1 

フューエルインジェクション・・キャブレターに代わり今ではほとんどの車に採用されている燃料装置ですね。
インジェクションの歴史はかなり古く第二次世界大戦前にすでに戦闘機に採用されていたようです。
自動車では1954年メルセデスベンツ300SLが最初になります。

インジェクションもいろいろ進化していますが、最初はご存知のメカニカルポンプ式。後に電子制御によるDジェトロニックやLジェトロニック、機械式のKジェトロニックなど、より詳細な制御が可能になっています。
インジェクションの利点はどんなものなのでしょう。
開発当時はキャブレターに比べ機構が複雑で高価なものであったに違いありませんが、キャブレターのベンチュリによる吸気抵抗がインジェクションにすることにより抵抗がなくなり、出力アップになることが大きな目的だったのでしょう。
電子制御により複雑な走行状況に応じた調整が可能になりましたし、
最近ではインジェクションの方がコストが安くなる傾向のようです。

今回はその中のボッシュKAインジェクションシステムをちょっとご紹介します。
KAの意味は・・K(連続)、A(駆動装置なし)という意味(ドイツ語で)になります。
簡単に説明すると、エンジンによる駆動はなく燃料の圧力によって連続噴射する機械式のインジェクションです。
余談ですが、最近の解説書によるとKAジェトロニックとはO2センサで補正するタイプで、補正のないものをKジェトロニックと呼んでいるようですが、僕たちはO2センサの補正のあるタイプをラムダコントロールKAインジェクションと呼んでいます。何故かはわかりませんが・・・
このラムダコントロール式は次の機会にご紹介します。

さて話を戻します。ここで疑問になるのが連続噴射ですね。その言葉通りインテークバルブが閉じているときもノズルからは途切れることは無くずっと噴射しっぱなしです。
Lジェトロのように噴射時間を変えることによって噴射量を調整するのではなく、燃料の流量自体を変化させます。
KA

上図は僕がまだ新人の時にW116メルセデスベンツ450SELのインジェクションの教育を受けた時の資料です。27年前の資料なので多少の汚れは許してください。
図の右下がガソリンタンクで、そこからガソリンの流れる順に
87 フューエルポンプ
86 フューエルフィルター
85 プレッシャーリザーバー
20 フューエルディストリビューター
80 インジェクションノズル

2がエアーフローメーターでここに流れる吸入空気量が増えると
20の真ん中にあるプランジャーが押し上げられノズルからの噴射量が増えます。
chanber
燃料の吐出口の下に燃料の圧力を調整するチャンバが設けられ、上下を分けるように34のダイヤフラムがあります。下側のチャンバにポンプからの燃料が入り赤い矢印の流量が変化することでノズルに送る燃料の量を調整します。

中央のプランジャーにかかる力でエアーフローの反対側には70のウォームアップレギュレーターで調整された圧力がかかり、この圧力で流量の微調整を行っています。
冷間には圧力を下げ流量を多くするなどですね。

僕はこのシステムにすごく魅力を感じます。
その理由はこのシステムは純粋な機械式でフューエルポンプさえ動いていればエンジンが止まることはないからです。
メルセデスらしいと僕は感じるのです。
それに機構的には非常にシンプルなので、理解してしまえば修理は簡単です。

もっと詳しくというリクエストがあれば改めてご説明する機会を作りますので、どんどんご意見ください。

次回にはこれにO2センサを追加したものをご紹介します。
[ 2007/01/19 17:15 ] ちょっとお話 | TB(0) | CM(3)
mixiよりまいりました。

ブログ拝見しました、私のような素人にも理解できる内容と説明でとても参考になります。

今後も拝見させていただきますのでよろしくお願いします。
[ 2007/01/20 09:26 ] ヒロフ [ 編集 ]
解りやすい解説ありがとうございます!!
経路、仕組みを完全には理解せずシューティングを進めてたので・・・
現在コールドスタート線外しとエアフロ!?のところの六角ネジ調整で妥協点としていたので、週が明けたら図と照らし合せながら理解、メンテしてみようと思います^^
[ 2007/01/20 10:49 ] のがっち@380SLC [ 編集 ]
ブログを始めてまだ2週間なんですが、見ていただいてるだけで嬉しく思います。
まだまだ書きたいことはいっぱいありますが、一体どこまで詳しく書いていいものやら思案しながらの毎日です。

ここが知りたいというものがあれば是非リクエストしてください。
僕も知らないことだらけですので自分の勉強にもなりますから、できるだけ詳しく紹介できたらと思います。

のがっち@380SLC さん。
症状を記入いただければ点検するポイントだけでもここで紹介できますから、よければご記入くださいね。
[ 2007/01/20 11:36 ] WERKE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。