スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イグニションシステムについて  

今日はイグニションシステムについてちょっとお話します。

以前にもイグニション関係のお話はしてきていますが、最近ポイント式のイグニションシステムでのエンジン不調がいくつかあったので、改めてお話したいと思います。

ポイント式イグニションでドエルアングルのお話をこのブログでしています。
http://diewerke.blog87.fc2.com/blog-entry-29.html
原理はここを参考にしてください。

ポイント式ではどうしても接点が消耗してしまうので、定期的な交換等のメンテナンスが必要になります。
そこでポイント接点部分をトランジスタのスイッチング作用を利用してポイントレスにしたものがフルトランジスターとよばれるものです。
点火時期を決定するポイント部分にはピックアップコイルという電磁誘導によって電気信号を取り出すものを取り付け、その電気信号によってイグナイターがイグニションコイルの電流をコントロールします。
ポイントのように機械的な質量のあるものを利用しないので、安定した点火ができるようになるのです。

メルセデスでは1977年頃からのエンジンにフルトラ式のイグニションシステムが採用されるようになりました。
それ以前の車はほぼポイント式点火ということになりますから、定期的にメンテナンスが必要です。
ご自身のお車も一度確認してみてください。

すでにフルトラに改造されている車も見かけることがありますが、改造の方法によっては進角しないなどの関心できないものもありますから、一度専門店に点検してもらうのもいいかと思います。

そこでちょっと宣伝ですが、WERKEのショップで販売している123イグニションは簡単にフルトラに改造でき、しかもすばらしい機能満載なのでおススメです。
81227-1
http://werke.jp/shop/newparts/123ignition.htm

その中でも特筆すべきものは、コンプレッションの差などによるエンジン回転のムラを感知して、イグニションタイミングを各気筒ごとに変化させて回転を安定させるというものまであります。
http://diewerke.blog87.fc2.com/blog-entry-102.html
ブログでも紹介しています。

ただこの123イグニションはV8エンジンには対応していないのと、悲しいことにメルセデス6気筒の代名詞のようなDOHCエンジンのM110エンジンには対応していないのです。

M110エンジンは1972年から採用されていますが、フルトラが採用された1977年まではポイント式になっています。
81227-2
そこで今回こんな方法でフルトラに改造しました。

これをフルトラに改造するとなるとやはりピックアップコイルを取り付けるややこしい改造をする方法が普通なのですが、幸いなことに77年以降のフルトラ式のディストリビューターがそのまま取り付けられます。
問題になるのは高回転の進角度合いですが、ポイント式が34°/3000rpmに対し32°とほとんど差がないのと、アイドリングでのタイミングを考慮するとほぼ同じになるので問題なしです。

81227-3
ポイント式はこんなディストリビュターです。

81227-4
こちらがフルトラのピックアップコイル式です。
ディストリビューターの駆動がスパイラルギヤなのでローター位置を確かめて取り付け。

81227-5
簡易のイグナイターを配置し、フルトラ用の配線をして改造完了です。

これでメンテナンスの必要もなく安定した点火ができるようになりました。


ここでちょっと追加のお話です。
ディストリビューターを見るとバキュームの配管が差し込んでありますが、これは何のためのものかご存知ですか。
81227-7
ちょっと画像がブレていて申し訳ありません。

そうですね。バキューム進角の配管です。
マニホールドバキュームやスロットルバルブのすぐ横からバキュームを取っているものなどがあり作用は同じではありません。
中にはこの写真のように2本配管されているものもあります。
これは進角用バキュームと反対の遅角用バキュームのものです。

進角用はその名の通りバキュームによって進角させます。
ほとんどの場合スロットルバルブを少し開いた状態の無負荷時にバキュームして進角するようになっています。

遅角用は目的がいろいろあるのでそれぞれのエンジンによって確認が必要です。

81227-6
これはM110エンジンに付いているものですが、青○が進角用、黄○が遅角用です。
進角は上記の説明通りです。
遅角はこのエンジンではアイドルアップのために取り付けられています。

例えばクーラーを入れた時にバキュームをカットしてタイミングを少し(5~7度)進めることでアイドルアップさせます。

タイミングを合わせるときにはこれらのバキュームが正常に作用しているかどうか確かめなければ、正規の調整はできないのでお気をつけください。


では今日はこの辺で^^
[ 2008/12/27 21:20 ] 電気・電装 | TB(0) | CM(3)
ひらぽんさん

イグニション関係は昔はいろいろと苦労したものです。
今ではいいものがいっぱいありますから順番に対策していけばいいですね。

[ 2008/12/29 19:47 ] WERKE [ 編集 ]
こんにちは。

ちょっと興味を持ち拝見させていただきました♪

とてもいいブログですね!

またおじゃましまーす!

[ 2009/04/15 23:13 ] ★なべちゃん [ 編集 ]
★なべちゃんさん。

お役に立てれば嬉しいです^^
[ 2009/04/26 16:28 ] WERKE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。