ATミッション 

今日はおもしろいお問い合わせをいただいたので、ここでご紹介したいと思います。

先日ご紹介したブログW113 280SL ミッションオーバーホール
こちらからのお問い合わせです。内容は

「AT(K4A040)の図(貴社ホームページ、W113.280SL、ミッションオーバーホールの巻き。掲載の図)についての質問ですが、ブレーキバンドB1.B2.B3とありますが、これはどのような作用があるのですか?故障すると、どういうった症状がでますか。またブレーキバンドの調整とは、どこをどのように調節するのですか?ATF交換時に出来ることなのでしょうか?
お忙しい中、大変申し訳ございませんが、まったくのシロートなもので、説明のほど、よろしくお願いします。」

ご指摘の図はこれですね。
80617-11

このご質問にお答えしたものです。
------------------------------------------------
○○様

ブログを見ていただいて有難うございます。
また深いところに興味を持たれたんですね。

B1,B2,B3の他にK1、K2というのがあると思いますが、BはバンドでK(ドイツ語でKupplung)はクラッチの略になります。
この5つのブレーキとあとワンウェイクラッチ1つのうち2つのブレーキの組み合わせを使って変速していくのです。
バンドの役目はミッションボディとギヤを固定する役目をし、クラッチはギヤの回転を止めることで変速しないようにします。
わかりやすいようにK4A040の変速パターンを紹介しておきますね。

1速はB2バンドとワンウェイクラッチ。ちなみにギヤ比は3.98
2速はB1とB2。ギヤ比2.39
3速はK1とB2。ギヤ比1.46
4速はK1とK2。ギヤ比1.00 トップギヤでは変速なしの直結になります。
バックがB3と1ウェイクラッチで5.47
となってます。

ミッションが滑るという故障はこれらのブレーキが磨耗してしまって固定できなくなり、エンジン回転が伝達できなくなることをいいます。
僕がATミッションを説明するときによく使う例えとして、「ブレーキパットのようなものがたくさん入っていて、どのブレーキをかけるかで変速していくんです」と説明するんですが、ご存知のようにある程度距離を走ればブレーキパットは磨耗します。
そうなんです。ATミッションは消耗品なんです
長く乗られる限りいつかはOHしなければならないのですから、もう駄目だというのではなく車検にでも出すような気持ちで考えていただければいいのではないでしょうか。

バンドやクラッチのクリアランスを外部から調整することはほとんどできません。一部B3だけは可能なものもあります。
ただし各ブレーキバンドを作用させる油圧はATミッションのタイプによって多少違いますが、外部から調整することができます。
調整方法を文章で説明すると長くなるので、またの機会に写真をつけて説明しますね。

---------------------------------------------------------------------
せっかくなのでこちらでご紹介しました。
参考になればうれしいですね。

[ 2008/08/03 22:06 ] 問い合わせ | TB(0) | CM(1)
どこから問い合わせをしていいのか分からなかったのでこのコメントで失礼します。
ベンツ190D(1993年)で車いじりを楽しんでいます。
近くに信号で停止してからすぐ急な坂があります。この坂に差し掛かるとシフトダウンする様子がなく、2000回転強、40キロが精々で登ります。
アクセルとリンケージしているコントロールプレッシャーケーブルを調整しようとスロットルレバーコネクティングプレートで調整すると緩やかな坂は盛んにシフトダウン、アップを繰り返しますが、この坂はやはり、シフトダウンする気配がありません。ヘインズのマニュアルによれば、ケーブルエンドのボールジョイントを外せ、とあるのですが、どうして外したら良いのでしょうか?ケーブルはかなり延びている気配です。対処を教えていただければ幸いです。
[ 2008/11/10 19:34 ] ガバチョ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター