kジェトロニックのウイークポイント 

昨日は大阪もすごい雨でした。
みなさんの地域は大丈夫でしたか?
大雨の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
幸いここWERKEは少し高い位置にあるせいか川の氾濫を気にする必要はないようですが、天気が変わりやすく雨が多いような気がします。
日中の猛暑の時に涼しくなるようなちょうどいいぐらいの雨なら歓迎なんですけどね。

さて、今日はドイツ車で多く採用されているKジェトロの弱点ともいえる故障があったので少しご紹介しておきます。
80729-1
KAインジェクションとも呼ばれるこのインジェクションは、強力なフューエルポンプからの高い燃料圧力を利用して燃料制御のほとんどを電子制御ではなく機械的に行っている非常に画期的なシステムです。
僕がいつも画期的という表現をするこのシステムのいいところは、今の車に多く使われているコンピューター制御のようにどの部品が壊れてもエンジンがかからなくなるのではなく、燃料ポンプさえ正常に動いていればエンジンはかかっているというところでしょうか。

メルセデスの魅力の一つとして僕が感じるのは、故障はしてもなんとか乗って帰れるというものではないかと思います。
他にも例を挙げるとすると、まずはヒーターバルブ。
お国柄とんでもなく寒くなる地域、ヒーターの制御が壊れたらバルブは全開となり極寒でも大丈夫。暑ければ窓を空ければいいとの考え方。
ブレーキのオイルラインは2系統、一つのラインでオイル漏れがあってもなんとかブレーキは効きます。
スターターモーターの故障、古くからATミッションを採用しているメルセデスはATの油圧ポンプを出力側にも付けることで、いわゆるエンジンを押し掛けできるようになっています。

また話が逸れてしまいましたが、そんな画期的?なKジェトロにもこんな弱点があるんです。
細かい金属バルブによる機械的制御をしているために、不純物に弱いのです。

一番の大敵は水ですね。
燃料タンクには必ずといっていいほど水分が混入します。
空気中の水蒸気がタンク内で水滴になることが原因です。
これをどうやって取り除くかなのですが、基本的にはどんどん走ってどんどん燃料と一緒にエンジンに送ってしまうのがいいでしょう。
止まっている時間が長い時は、燃料タンク内の空間をできるだけ少なく(満タン)にしてやることで水分の混入は少なくなります。
混入した水がフューエルライン内で長時間滞留するとバルブ類にサビが発生することがありますから注意したいですね。

水抜き剤は基本的にアルコール系なので、多用すると逆効果になりかねませんから注意が必要です。

問題は今回の故障・・・・
僕らの中では分解はタブーとされていたフューエルディストリビューター・・・・
壊れてしまっているものを治すことができないかと、いわばパンドラの箱を開けてみました。

80729-2

精密機械のはずの中はこんなことになっていました。
80729-3 80729-4

結晶化してしまった不純物。。。
もちろんガソリンはフィルターでろ過されているはず・・・
80729-5 80729-6

この結晶はガソリンに溶け込んで流れてきたものに間違いはないでしょう。
80729-7 80729-8

ガソリンに溶け込んで・・・・
考えられるのは添加剤しかありませんね。

もちろん添加剤にはいいものもありますから使用されることを否定はしませんが、WERKEではガソリン添加剤に限らず、添加剤をお勧めすることはほとんどありません。

みなさんもいろんな商品がある中から、これはというものを選んで使用してくださいね^ ^

[ 2008/07/29 23:02 ] 故障診断 | TB(0) | CM(2)
会社のユワカシポットの中がこんな不純物だらけでゲンナリしたことがあります…。
[ 2008/07/30 15:06 ] ギョウザヤ [ 編集 ]
ほんとに何が良くて悪いのかわかりませんね~、私はベンツに貼るだけで出力アップ、燃費向上、さらに気持ちまで高ぶるかもしれない秘密のアイテムを製作中・・・近々披露しますのでお楽しみに。
[ 2008/07/30 16:29 ] @gawa [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター