嬉しいお話 

みなさんありがとうございますm(__)m

このブログを始めて一週間。
読みづらい文章にもかかわらず、700件を超えるアクセスをいただいて非常に感激しています。
今日はこのブログを見て訪ねて来てくださったお客様が2人もいらっしゃいました。
本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

ちょっとお話というテーマで書こうと思ったのは、こんなことがきっかけでした。
僕が普段整備しているところへ日本車のディーラーで働く同じ整備士の方が、興味を持たれて話しかけてこられることが多く、いろいろ話しているうちに自分も古い車を整備してみたいという方が何人かおられました。
一人でも多くこの良き時代の車を理解してくれれば、それは非常に嬉しいことです。
もちろん整備士の資格もすでにもってられるみたいですので、すぐにでもいろいろ教えていきたいところです。

でもその前にいつもこの「ちょっとお話」の内容を話してみるのです。
「プラグのギャップって広げるとどうなるん?」とか「DOHCってなんでわざわざカムシャフト2本にしてるん?」とか・・
僕は意地悪なやつですね~(^^)
これが不思議なんですが、誰一人答えられないんです。
もちろん自動車整備士の資格試験にはそんな問題は出題されませんから仕方ないのかもしれません。
でもお客様に整備した内容を説明する整備士なんだから、なぜこんな整備をしなければならないのか胸張って説明してほしいじゃないですか。
なぜこの部品が付いてるのかをちょっと疑問に思ってくれれば、もっと自分で調べる努力をすると思うのです。

ある整備士の方がエンジンのかからない車と悪戦苦闘した最後にこう言われてました・・
彼「直ったで~」
僕「やりましたね!何が悪かったんですか?」
彼「いやあ、ようわからんけどいろいろ交換したらエンジンかかった」
僕「・・・」

「この部品が悪かったので交換しました」・・皆さんもこんな説明を受けたことがありませんか?
何の部品ですか?どう悪かったんですか?なぜ悪くなったんですか?交換するしかないんですか?
・・・理由はわかりませんが、新品にすれば直ることが多いんです。
・・・直れば理由はいらないんです。

車は人が造ったものです。一つ一つ部品には理由があります。
その部品の構造を理解してやれば車は必ず直ります。答えてくれます。

それぞれのオーナーの方が少しでもその理由に興味をもっていただければ、無駄な整備費用を払わなくて済むようになるかもしれません。
自分で直せるかもしれません。
それで少しでも永くその車に乗り続けてください。

そんな願いからこれからもちょっとお話は続けていきますので、ぜひお付き合いください。
よろしくお願いいたします。

ちょっと興奮しているWERKEのメカニックでした。

[ 2007/01/13 22:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
以前VWに乗っていたとき、ATの4速に入らないという症状がでて、ディーラーに持っていったところ3日間預けて引き取りに行くとコンピューターでエラーが出なかったし、”ちゃんと4速まで入る”という結果でした。

そのまた2週間後同じ現象が発生してディラーへ再度入院。結果は”ATオイルが1L減っていたから付け足しておいた”でした。

その2ヵ月後1速以外すべて死亡しました。ディーラーの判断は”ミッション完全死亡、新しいものと交換”と数十万の見積もりをいただきました。

コンピューターで読み取れない車の不都合を見つける事ができないとは言い過ぎても、ディラーでそのような現状ですと、今後の車はどうなっていくのだろうと不安です。

今後も、ここで車の基礎知識の情報を読めることを楽しみにしています。

[ 2007/01/14 08:19 ] あけちゃん [ 編集 ]
あけちゃん、ありがとうございます。
がんばります(^^)/
[ 2007/01/14 21:49 ] WERKE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター