タイムリレー 

みなさん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今日は僕がへぇ~と感激した超アナログな機械式タイムリレーをちょっとだけご紹介します。
車はメルセデスW111の220SEクーペです。
80106-4
このリレーはスターターモーターが回っている最初の1秒間ほど、インジェクションポンプのソレノイドに電流を供給するためのリレーですが、すごく単純な機構になっています。
電流が流れ始めると写真の右側のバイメタル電極を暖めて接点を開く構造です。
バイメタルの温度で作動するので、外気温によって導通する時間に変化がありますし何度も繰り返す動作には残念ながら対応しきれません。

ちょっと頼りないものですが、僕にはなんか愛着を感じてしまいました。
皆さんにもこの気持ちがわかれば嬉しいですが・・・

エンジン始動性のチェックをしている際に確認した部品なのですが、この時期の配線図がまた可愛いものなんです。
80106-1 80106-3
各部品のイラストが描かれているんですよ。

80106-2
ちょっと拡大してみました。

ちょっと嬉しくなる作業でした。
[ 2008/01/06 23:35 ] 電気・電装 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター