バルブステムシール Part2 

暑いですね~
工場で作業していると頭がボォ~としてくるので、事務所に入って涼みながらブログを書いています。
image-2 image-1
イメージで撮影したものです。
WERKEの看板を改めて眺めてみて、僕達には特に違和感を感じないのですが、知らない方々には独特なイメージなのではないかと思います。
あまり馴染みのないスペルとミスマッチな建物・・・
何方か感想をお聞かせくださいませ(^O^)

さて今日は前回の続きでバルブシールの交換です。
通常ならばシリンダーヘッドを取外しての作業というのが多いと思うのですが、メルセデスの場合はヘッドを外さずに作業することができます。

この作業でのポイントはピストンを上死点にすることですね。
バルブスプリングを外してしまうために、バルブがシリンダー内に落ちてしまうことを防ぐためです。
それに加えてプラグ穴よりエアー(圧縮空気)を入れ、バルブが閉じた状態で固定するようにします。 seal-5

ということはクランクシャフトを回しながら1気筒ずつ作業するということですね。
作業工程としては1番の気筒から点火順序の順に作業していきます。
seal-13
写真はM103 6気筒エンジンなので、1-5-3-6-2-4 の順ですね。
ここで気を付けるのが作業する気筒の上死点をピタリと合わせてやらないとエアーを入れた時にクランクが回ってしまうことがあるので、タイミングダンパーを見ながら正確に合わせてください。

1番のタイミングは当然0°
次はこのエンジンでは5番ですが、さて何度が上死点になるでしょう。
6気筒なので120°ですね。
次の3番は240°と順番に作業します。

ちなみに4気筒エンジンでは180°ごとに、メルセデスのV8エンジンでは90°ごとになります。
V型エンジンではシリンダー角度により異なるのでそれぞれ確認してください。

メルセデスでは整備性を考えてありますから、タイミングダンパーに上死点の角度が記載されています。

バルブスプリングを外します。
seal-4
専用の工具があれば簡単ですが、市販のもので代用しても問題ありません。
seal-3
ステムのバルブコッターをマグネット等で外せばスプリングが外れます。

後はシールを交換するだけ。
パチンとハメてあるだけですから、簡単に交換できます。
seal-2

できればシールを外した時にシリンダー内に入れていたエアーを抜き、バルブをフリーにしてガイドとのガタを確認してやりたいですね。
あまりにも大きいようならガイドの交換を検討しなければなりません。

作業的には簡単ですが、かなり手間な作業ですからショップではそれなりの工賃がかかると思います。
それでもバルブシールは消耗品と考えて、できるだけ早いめの作業をお勧めします。

[ 2007/06/26 16:37 ] 整備 | TB(0) | CM(1)
初めてお邪魔したときは通り過ぎてしまいました。
振り向いて「ここだ~」とUターンしました。中を見せて頂くと眼の毒ばっかりです、欲しくなってしまいます(^^)
[ 2007/06/28 00:02 ] buchinosuke [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カウンター