スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オシロスコープ BOSCHコンパクトテスター 

今回はオシロスコープによるイグニション波形についてちょっとご紹介します。
oscillo-7
写真はBOSCHのコンパクトテスターです。

最近では点火システムがダイレクトイグニションなどに進化してきているのであまりこのようなテスターを見かけなくなりましたが、WERKEではほぼ毎日のように活躍しています。

このテスターにはいろいろな機能が備わっていますが、その中でまず二次電圧波形についてご紹介します。

二次電圧とはスパークプラグに火花を飛ばす時にプラグに流れている電気の電圧をいいます。
このテスターはその電圧を画像で表示してくれるものですね。
oscillo-4
この写真は6気筒エンジンのもので、縦方向が電圧、横方向が時間になります。
左から点火順に1-5-3-6-2-4と電圧の変化を表示しています。
この1画面でちょうど6気筒全部の点火が横一列に並んでいる状態ですね。
実際にはエンジンの回転に合わせてずっと表示が流れていますから、ずっと画面を凝視していなければなりませんが・・・

上の波形はポイント式の二次波形ですが、ほぼ正常な状態です。
縦方向に長くなっているところがプラグの電極から火花がでる放電開始電圧です。
この表示からすると電圧が一番高い気筒で約2万ボルト、低い気筒では1万5千ボルトぐらいということですね。
この電圧は一定していることは少なく常に増減しますから、写真のように各気筒の高さの差は各気筒がほぼ平均していればあまり問題ありません。

では異常な波形はこの写真です。
oscillo-3
一番左の高い波形のすぐ右横が崩れていますね。

拡大した写真です。
oscillo-8
放電開始電圧が高く放電電圧も高いので、おそらくプラグコードなどが断線していることが考えられます。

次に各気筒の波形を並列に表示させてみます。
oscillo-5


こんな表示になりますが、説明は次回にしますね(^^)/


[ 2007/05/11 22:03 ] ちょっとお話 | TB(0) | CM(2)
散々勉強させられました。
が、現時点で持ち合わせてないので、試行錯誤の結果、
使わなくても治せるようになりました。
[ 2007/05/12 00:06 ] bob [ 編集 ]
bobさん
ほんと試行錯誤しますよね。
僕もこのテスターがない時はいろいろな方法で原因究明してました。
でもやっぱりあると便利ですよ~
瞬時に判断できますしね(^o^)
[ 2007/05/14 13:48 ] WERKE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。