キーシリンダー組替え 

こんにちは。
桜の季節も過ぎてしまったというのに、今だにストーブのお世話になってしまうほど
ここ枚方の山奥は寒くて仕方ありません。

それでも事務所前にある桜は、さくらんぼの実をどんどん大きくしてくれています。
今年こそは鳥たちの攻撃から守るべくネットを張りました^^
110420-8

乞うご期待!
甘酸っぱい香りを漂わせて事務所のテーブル賑やかにしてくれることでしょう。


さてブログの更新が疎かになってしまってますが、
日々の作業の中にお役立ち情報がいっぱいあるにもかかわらず、
作業を急ぐあまり写真を撮り忘れるといった失態をしてしまっている状態です。

お役立ち情報だけではなく、日々の記録もと考えれば写真も撮り忘れることがなくなるかもしれませんね。

ということで今日はキーシリンダーの組替えをご紹介します。

110420-1

左右のドアのキーが違うとか、イグニションキーが別になっていることがよくありますが、
車種によって一つのキーに組替えることができるものがあります。
決して犯罪目的で行ってはダメですよ!!

今回は W111 280SEクーペ のドアキーを組替えします。

114020-2
アウターハンドルを取り外します。

114020-3
分解してシリンダー部分を抜き出すとこのようになっています。

110420-4
合っているキーを挿し込むと、飛び出していたピースが引きこまれて平になり回せるようになるんですね。
なんとも簡単な構造です。
でもこのキーシリンダーは10個のピースが使われているので、その組み合わせはおよそ1000万通り!
キーの形状などを考えると、基本的に同じキーは存在しないということになりますね。

110420-5
違うキーを挿し込むとご覧のようにピースが突き出してキーは回りません。

110420-6
このようなピースが10枚差し込まれています。

110420-7
○印の高さの微妙な違いで組み合わせられています。

組替えはこの高さの違うピースを根気よく合わせてやればOKです。

これで何本も持つ煩わしさがなくなりますね。


おまけ^^

110420-9

7年ほど前にドイツのフランクフルトにある専門店から買ってきたクラッシックバイク

BMW R26

また詳しくご紹介しますね^^
ご興味があれば見に来てください。


[ 2011/04/20 20:09 ] 整備 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター