スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゼニスキャブ ファーストアイドル 

今回は先日オーバーホールしたゼニスキャブレターのチョーク部分のファーストアイドルを決める機構をご紹介します。

100714-10 100714-11

この部分ですね。

100714-12

このキャブレターはこの写真のバイメタルを利用したオートチョークになっています。

100714-13
バイメタルの内部がこれです。
中央にあるのがチョークカムで、右下にあるのがスロットルバルブのシャフトです。
上部の突起部にバイメタルをひっかけてチョークフラップを閉めるようになります。

100714-14
中央のカムが反時計回りに回転するとチョークフラップが閉じた状態で、写真で見えるようにスロットルバルブのスクリューがカムの一番高いところに当たるようになっていますね。
この状態でエンジンを始動すれば回転が高くなるということになります。

実際のファーストアイドル調整はカムに当たっているスクリューで調整することになります。

100714-18
これが調整しているところですが、エンジンを止めてフルスロットルの状態にしないとスクリューは見えません。

100714-15 100714-16
バイメタルが暖まって徐々にカムの低いところに移動していき、ファーストアイドルも低くなるということになります。
ただし、カムに乗っている力が強いので放っておいても回転は下がりません。
スロットルを少し開いてやる度にカムの位置が変わるようになります。

100714-17
そしてこれが温間での位置です。

ゼニスキャブはよく考えられたキャブレターですね。

全体の調整方法は僕の以前のブログを見てください。

http://diewerke.blog87.fc2.com/blog-entry-71.html  調整

http://diewerke.blog87.fc2.com/blog-entry-94.html チョークシステム

http://diewerke.blog87.fc2.com/blog-entry-194.html ジェット調整


このキャブレターはメルセデスベンツの多くの車種に使われています。
W114 230/6 250 250C
W108 250S 280S
W110やW111ハネベンなど 
スポンサーサイト
[ 2010/07/14 19:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。