スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ツーリング決行のお知らせ 

明日の琵琶湖は快晴のようです!
今年もツーリングができることを感謝いたします。

総台数は車が38台。バイクが16台。
85名前後の方々が集まってくれます。


ツーリング決行にあたり注意していただきたい事項です。
もう一度ご確認ください。

WERKEに集合される方。
8:30出発しますので、少し早い目に集合してください。
今の予定では18台がWERKEより出発します。

和邇パーキングに集合される方。
9:30集合10:00出発の予定です。
下の写真のように和邇パーキングの入り口には「P」の看板がありませんのでご注意ください。
waniP
このパーキングには自動販売機どころかトイレもありません。
集合されるまでにトイレなど予め済ませておいてください。
ここを出発してBBQポイントまで1時間強の予定ですがノンストップです。

こちらでバイクの方々と一旦合流しますが、また別ルートでBBQポイントを目指します。
ここで合流する車は10台。
ここから28台が連なって走っていきますが、途中信号等で先頭と最後尾はかなり離れてしまうと思います。
でも途中で待機するところもないので、もし前の車を見失っても大丈夫なように念のため地図の確認をしておいてください。
曲がり角では誰かがガイドをする予定ですので、見落としのないよう注意してください。

直接BBQポイントに集合される方。
何の目印もありません。写真だけが頼りなので間違えのないようにお願いします。
b1 b2 b3
b4 b5
下の写真は海岸線へ入る交差点です。
b6


BBQではお肉と野菜などある程度は用意していますが、お腹がいっぱいになるほどではないと思います。
(お一人分のお肉が200~300g程度の予定です)
食材代としてお一人800円の会費をお願いいたします。
おにぎりなどの主食になるものを少しとドリンク類はご持参ください。

簡易なテーブルや椅子をお持ちの方はご用意いただけると助かります。


午後2~3時ごろ。
最終目的地の奥琵琶湖パークウェイに向ってのんびりと走り出します。
景色を存分に楽しみましょう。

パークウェイ出口で解散といたします。
来た道を戻るもよし、すぐ近くに北陸自動車道 木之本インターがあります。
バイク部隊は近くの温泉に寄っていかれると伺ってます。

では皆さん明日お気をつけて集合してください。
めいっぱい楽しみましょう^^

スポンサーサイト
[ 2008/10/18 18:39 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

インジェクションポンプ 

WERKEツーリングまであと2週間。
参加のご連絡をたくさんいただき有難うございます。
今日までで30台ほどのご連絡をいただいています。

加えてWERKEが仲良くさせていただいているバイクショップ(カズサービスファクトリー)さんと合流することになり、賑やかなツーリングになりそうです。

まだまだ参加OKですので、車種と人数をご連絡くださいね。

雨だけは降らないでほしいな・・・


さて、今日は先日ドイツから戻ってきたインジェクションポンプのご紹介です。
81006-a
俗称メカポンとも呼ばれるBOSCH製のすごく高価なポンプですね。

このポンプもミッションのように定期的ではありませんが、いつかオーバーホールしなければならない時がやってきます。
ミッションなどと同じように身近でオーバーホールできないかと試行錯誤しましたが、部品などの関係で残念ながら今のところ日本では完全なオーバーホールはできません。
となると海外に頼るしかなくなってしまうのですが、それにはいくつか方法があります。

ちょっと値段は高いけど信頼できる本国ドイツでオーバーホールするか、値段の安いアメリカに送るか。
もちろん他にも方法はあるとは思いますが、通常はこのどちらかですね。
WERKEでも状況によってどちらかを選択しています。

今回は2つのポンプをオーバーホールしましたが、どちらも症状が特殊だったのでドイツに送りました。
こちらの工場はメーカーであるBOSCHから重症なものは依頼されるほどのところで、対応も完璧です。
こちらから送るのはインジェクションポンプだけではなく、ノズルやフューエルデスも一緒に送りシステム全体での状態を確認してくれます。

工場に到着したら3営業日以内に状態をチェックして見積もりが送られてきます。
これが送られてきたFAXです。
81006-b
これを確認してお客様にお見積もりをお伝えしています。

オーバーホールの方法も現物修理かリビルト品を選ぶことができます。
もちろんリビルト品の方が高ければ時間はかかりますが現物修理をすることになりますね。

今回送ったポンプは両方ともほとんど全損状態でした。
現物修理だとおよそ80万円ほどの金額になってしまうので、リビルトを選択します。
今回はリビルトで60万円弱ぐらいの値段になりました。
この金額も為替や状態により変わりますから、およその目安としてお考えください。

81006-c
こちらはW113 230SLのポンプ。
81006-2
どこが再利用されているのかわかりません。

81006-3
BOSCHの指定サービス工場。
当たり前ですがプレートも新品。
81006-5
「オイルが入っていません」のタグ。

81006-6 81006-7
一緒に送ったノズル。
噴霧状態のチェックと共にピカピカにしてくれてます。(これは無料)
安心できて気持ちいいですね。

送る前のノズルはこれ。
81006-18


こちらは220SEbクーペのポンプ。
81006-8 81006-4
ご覧の通り吐出ラインが2本しかない2プランジャ方式。
81006-9 81006-10

一緒に送ったのはノズルだけではなく、3気筒に分配するディストリビューターを2つ。
81006-11

ノズルはともかく、このディストリビューターはよく不具合が出ます。
オリフィスを使ったすごく原始的な方法で流量分配をしているので、バラつきやすいのです。
もちろんこれもオーバーホールすることになりました。
81006-12
オーバーホール前はこんな状態です。
81006-17

同じくノズルもオーバーホールしてしまいます。
81006-13 81006-14

今までのエンジンはなんだったんだ・・・というほどよく回るエンジンになりました。
新車時のエンジンの状態を知る人は少ないと思いますが、こんなにパワフルだったんだと改めて感心しました。
81006-16

少し金額は高くなりますが、確実なものを得たという喜びもいいものですね。^ ^
[ 2008/10/06 22:55 ] リビルト | TB(0) | CM(0)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。