スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メルセデス 純正パーツ Part4 

ついにゴールデンウィークに突入しました。
みなさん楽しんでますか~
そんな中でもWERKEは休まず営業しています!

第2回 WERKE無料点検を実施中です。
この機会にぜひお越しください。


さて、今日も純正パーツのご紹介です。
まずウインドレギュレーターのスライドホルダー(SLIDING JAW)
80408-9

W126のウインドレギュレーターとウインドとの接合部に付けられている部品なんですが、よく破損します。
「ドアのガラスが落ちた~」などの故障をよく耳にすると思いますが、これが原因のことが多いです。
手動式レギュレーターの部品として供給されているものなので、パワーウインドで普通に注文するとおそらく出てきません。
場合によってはレギュレーターごと交換されてしまったオーナーも多いのではないでしょうか・・
注文の際は手動式で依頼してください。

80427-1
写真はリヤドアのウインドレギュレーターです。
80427-2
スライドの部分が破損してます。
見るからに壊れそうな部品ですね・・

80427-3
カシメになっているので、ドリルなどで取外します。

80427-5 80427-4
裏側のカバーを外して当て板をしてカシメます。
部品代は2,000円ほど。ぜひDIYで(^O^)

もう一つ!!
僕が非常に気に入っているものを紹介します。
80427-6
メルセデス純正 シーリングコンパウンド!!
簡単にいうと液体パッキンです。

ただみなさんが普段使われているシリコン系の液体パッキンとはちょっと違います。
この液体パッキンは基本的に完全には固まりません。
80427-7
これがいいんです!

つねに粘着力を保っている状態ですから、シーリング効果はずっと継続してます。
もっといいのは一度剥がしても、少し付け足してやればそのまま使えます。
80427-8 80427-9

メルセデスを取扱うなら、これを使わなきゃハズカシイ・・・
というほどいいものですよ(^ ^)


スポンサーサイト
[ 2008/04/27 17:42 ] 部品 | TB(0) | CM(1)

WERKE 08’ドイツツアー 日程が決まりました。 

WERKE ドイツツアーの日程が決定いたしました。

詳細はホームページに載せましたのでそちらをご覧ください。

こちらからどうぞ。→ WERKE 08’ドイツツアー

航空券やホテルの手配がありますので、
あまり時間が無く申し訳ないのですが、
参加をご希望の方は
4月14日 21日(月)までに
ご連絡ください。

ご質問やご希望などございましたら、
いつでもご連絡ください。

もちろん参加ご希望のご連絡もお待ちしております。

museum-neu_convert_20080414133245.jpg


[ 2008/04/14 13:34 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

メルセデス純正パーツ Part3 

WERKE ドイツツアー企画!!
意外に反響が少ないんです・・・
といっても「行きたいんだけど~」というメッセージはたくさんいただいてます(^o^)

やはり一週間という期間の問題なんでしょうか。
満足してもらえる内容に往復の移動時間を含めると、どうしても一週間かかるんですよね。
もちろん圧縮して組み立てることもできるでしょうから、期間的に無理があるということなら一度ご相談ください。

ここWERKEと何の関係もない方でも全然構いません!
もちろん同業者の方でも構いません。
ただ車が好きということだけは必須です!!(笑
一緒にドイツという国を楽しみにいきましょう。
80408-8



さて、今日もメルセデスの純正パーツのご紹介です。
といっても結構普通の部品ですが、お客様が知らないことがちょくちょくあるので紹介してみます。

まずシフトリンケージブッシュ
80408-5
その名の通り、シフトレバーとミッションを繋ぐリンケージの接合部のブッシュ。
車種によって多少形状の違うものもありますが、ほとんどの場合シフトレバー側とミッション側の2ヶ所に付いています。
劣化しやすい素材なので定期的に交換してやらないとならないんですが、オーナーの方が気が付いていないことも多いようです。
シフトレバーを操作する際に遊びを感じるようならば、ブッシュが切れてる可能性が大きいので一度点検してみてください。
単純なことなんですが、シフトレバーが「カチッ」とすればいい気分なものです。

80408-2
こちらがシフトレバー側。 ミッションのすぐ後にあります。
完全に脱落してしまっていますね。

80408-3
ちょっと分かりにくいですが、こちらがミッション側です。
すごく狭い場所なので、交換にはリンクごと取外して作業します。

80408-4
こんな状態に劣化します。
80408-6 80408-7
簡単な作業なんですが、ブッシュを入れるのにはちょっとコツが必要で、初めての方だったらイライラされることが多いでしょう。
機会があれば挑戦してみてください。

もう1点紹介しようと思っていたのですが、意外と長い話になってしまったので次にします。
次の純正パーツは、パワーウインドが壊れる原因の一つ。
ウインドレギュレーターのスライドホルダーです。
80408-9






[ 2008/04/08 17:40 ] 部品 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。