スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

EPC 

しばらくの間ブログをご無沙汰しておりました。
今回はWERKEのパーツ部門についてです。
WERKEではご存知の通りドイツ本国より直接パーツの輸入をしています。
パーツの種類にもよりますが、日本の定価の50~80%ほどの価格でお客様への販売が可能となっています。発送に1~2週間ほどのお時間が必要となりますが、急ぎではない部品はかなりお得になります。

さて、その部品を探すのに必需品となるのがEPC(electronic parts catalog)です。ご存知の方も多いかと思いますが、このシステムに車台番号を入力しパーツの分類からお目当てのパーツを探し部品番号を検索することができます。WERKEでも販売しているEPCのCD-ROMは部品番号を検索するのみですが、WERKEで使っているシステムは部品の値段もすぐに分かりますし(ユーロ価格)、そのままオンラインで発注までできる優れものです。

epc.jpg


何か必要なパーツがあれば、お問い合わせください。
WERKEのシステムとパーツ担当の加藤があなたのお役に立ちます(^o^)v
スポンサーサイト
[ 2007/04/30 22:43 ] W111 | TB(0) | CM(0)

画期的イグニションシステム 

ポイント式イグニションシステムに革命?

W113などのポイント式点火方式をフルトラに改造することがよくありますが、トランジスタ(イグナイター)を付けるだけではなく、ピックアップコイルを改造して取り付けるほかイグニションコイルまで交換しなければならないなんてことがあり、かなり高価なものになってしまいます。
先日拝見させていただいた車はディストリビューター自体を日本車のものに改造されていましたが、なんと進角機能がありませんでした。
こうなるとなんのための改造か分からなくなってしまいますね・・・

今回すばらしいものが手に入りました。
ig-3
ディストリビューターにイグナイター機能が内臓されたものです。
もちろんポイントレス。

ig-2 ig-1 ig-4

もちろん回転数による進角機能も備わっていますし、バキューム進角もします。
取り付けも簡単。現状のディストリビューターと交換し配線をイグニションコイルに繋ぐだけです。

価格もお手頃で欧州車の多くの車種に対応しているようです。
ただ一つ残念なのは8気筒用の設定がありません。
今後に期待ですね。

W113の280SLに取り付けました。
ig-6 ig-5

ややこしい配線もなくスッキリ。
オリジナルとほとんど変わりません。
それでいてフルトラ以上の安定した精度があるようです。

オシロスコープで一時波形を点検してみましたら、ものすごく整った波形が見られ僕も少し感動してしまいました。

久しぶりに嬉しい新製品です。
といっても旧車オーナーの方々だけの嬉しいニュースですが・・
[ 2007/04/24 16:48 ] It's New | TB(0) | CM(3)

メルセデス 4A1キャブレター 

こんにちは。

ここ数日忙しくてなかなかブログを書けないでいますが、書きたいことが続々と出てきてますので、順次記入していきますね。

今日はメルセデスW116の280Sに搭載されているソレックス4A1キャブについて少しご紹介します。
W116 4A1-2

以前にも少し紹介しましたが、一つのボディに2バレルキャブレターが2つ付いているものです。
M110エンジンと相性がよく僕が大好きなキャブレターですが、いろいろと調整がややこしいキャブでもあります。

今回このキャブをオーバーホールすることになりました。
症状はアイドリング不調の上にスムーズに吹き上がらないなど、問題多数です。
4A1-3

一つ一つの部品の状態を点検しながら、分解していきます。
4A1-11 4A1-8

このキャブの問題の多くはボディの変形によるものが多いのですが、やはりかなりの変形がありました。
このキャブレターの中心にエアークリーナーを取り付けるためのスタットブルトがあるのですが、グイグイと締め付けるためにボディの中心部分が反り上がるように変形してしまうのです。
4A1-10

変形によって上の左写真のセカンダリーフラップの動きがまず悪くなり、高負荷時に不具合が出ます。
それに気密性が悪くなり全体にバラつくようになるのです。

変形したボディを元に戻すということはかなり難しいので、よく違うキャブレターに改造してしまうということが多いのでないかと思いますが、なんとかこのキャブレターを蘇りさせてやりたい一心からいろいろと小技を使いました。
4A1-9

やっとの思いで完成!
4A1-6

4A1のエンブレムも光ってます(^^)v
4A1-6

あとは取り付けて細部の調整に入ります。
4A1-1


調整の内容はまた次回にm(__)/
[ 2007/04/20 20:25 ] W116 | TB(0) | CM(0)

ドイツの自動車、バイクの会社-7-  

今回でこのシリーズも最後です。
20世紀の初期から中期にかけて、これだけのメーカーが生まれては消えていくというのは、それだけこの「エンジンが付いた乗り物」にはかり知れない魅力があるということなのだと思います。
今では自動車やバイクを生産している会社は減ってしまいましたが、その魅力は全く変わらず、今でも私達をドキドキさせてくれます。


Tempo (1928-1936)
tempo.jpg


Tornax (1926-1955 ,1982-1984)
tornax.jpg


Torpedo (1928-1956)
torpedo.jpg


Triumph (TWN) (1903-1907, 1919-1943 (1948-1957))
triumph.jpg


Urania (1934-1939)
urania.jpg


U.T. (1921-1959)
ut.jpg


Vaterland (1933-1939)
Vaterland.jpg

自転車しか画像が見つかりませんでした。

Victoria (1901-1914, 1920-1945, 1947-1958)
victoria.jpg


Walter (1903-1908, 1926-1932, 1935-1942)
WalterStand.jpg


Wanderer (1902-1942-?)
Wanderer.jpg

画像はAutounionの一員として生産された車両です。

Wellerdiek (1938-1939)
Wellerdiek.jpg


Wendax (1931-1935)
wendax.jpg

Werno (1925-1933)

Wiga (1928-1932)

Wimmer (1921-1939)
wimmer.jpg


Windhoff (1925-1933)
windhoff.jpg

今は鉄道車両を作っているようです。

Wittler (1923-1926, 1931-1939 (1949-1956))
wittler.jpg

Wurring (1921-1959)

Wurttembergia (1925-1933)
wuerttembergia.jpg


Zundapp (1921-1984)
zundapp.jpg

バイクでは有名ですが、1957,58年には4輪も生産していました。
前後のドアは非常に個性的です。

Zust

また機会があれば、何かテーマを決めて調べてみたいと思います。

[ 2007/04/15 22:08 ] よもやま話 | TB(0) | CM(3)

フューエルポンプリレー 

こんにちは。
3日ばかり作業に追われておりました。

今日はメルセデスではよく話題にでるフューエルポンプリレーをちょっと紹介します。
relay-4

このリレーはその名の通りフューエルポンプに電気を供給するリレーなんですが、この名前で呼ばれるようになったのは1981年以降になります。
それ以前の車でももちろんポンプに電源供給するリレーは使っているのですが、普通のリレーなのでそんな呼び方はしていませんでした。

上の写真にあるように'81以降のガソリンエンジンでは最高回転をこのリレーで制御するようになったので、専用のリレーが付いてきたのですね。
ちなみにこの写真のリレーは6,000rpmで燃料カットされます。

W126やW124、W201などは簡単なところにポンプリレーがあるのですが、R107がどこについているのかご存じない方が多いかと思うので紹介します。
560SL
この車は560SLですが、グローブボックスの裏側に付いています。
relay-2 relay-3

写真の丸印の部分に同じような形のユニットが3つ並んでいますが、ポンプリレーはその一番奥になります。
relay
なんでまたこんな奥深くに付けたんでしょうね。

このリレーはみなさんもご存知のようによく壊れます。
その原因もまたよくご存知のように基盤のハンダに亀裂が入ることが多いようです。
relay-7 relay-6
カバーを外してハンダしなおすと復活することがあるようなので、みなさんもチャレンジしてみて損はないですよ。
残念ながらこのリレーは復活しませんでしたが・・・

さてここでWERKE得意のちょっとお話。
出先でポンプリレーがダメになったときの応急処置として覚えておいてください。

ポンプリレーのターミナルにはこんな表示がされています。
relay-5
これの30番と87番を配線などで直結すればポンプに電流が流れます。
このときイグニションをオフにしていても電気がきていますから、ショートさせないように気を付けてください。

とりあえず普通に走れますから、目的地または自宅までは帰ってきて直結した配線を外してください。

この配線は常時電源ですから、エンジンを止めてもポンプは回っているので注意してくださいね。(^O^)/

[ 2007/04/10 22:20 ] 簡単整備 | TB(0) | CM(1)

ありがとうございます。 

いつもこのブログにお立ち寄りいただいて、本当にありがとうございます。
WERKEのブログを始めてちょうど3ヶ月になります。
おかげさまで、毎日150を超えるアクセスをいただき、非常に感激しています。
werke-1

今後も皆様にいろいろな情報をお伝えできるように頑張っていきたいと思っていますが、嬉しいことですが日々の作業が忙しくなり毎日のブログ更新が難しくなってきてしまいました。

でもお客様にWERKEという会社を知っていただくためには、まだまだ一層の努力が必要とは自覚しておりますが、お預かりしているお車を少しでも早くご納車させていただくために作業の方を優先させていただきたく思っています。

もちろんWERKEで取扱いさせていただいているような、旧車ファンの方々に少しでも快適に旧車生活を送っていただきたい気持ちに変わりはありませんから、毎日ではありませんがこれからもどんどんいろんな情報をご紹介していきたいと思います。

werke-2

これからもWERKEをよろしくお願いいたします。

WERKEスタッフ一同 



[ 2007/04/06 20:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

ドイツの自動車、バイクの会社-6-  

きょうのドイツの自動車、バイクの会社は「S」からです。
ここにあるSIMSONのバイクは今でもバイクを製造していますが、
旧東独時代のスクーターやバイクは今でもかなりの人気です。
なかでもこのSchwalbe(つばめ)は映画
「グッバイレーニン」
で主人公が乗っていたバイクで私もドイツで本気で買おうか悩んだバイクです。
Simson_Schwalbe.jpg



Schliha (1924-1933)
Schliha.jpg


Schurhoff (19??-19??)
今も自転車は製造しているようです。

Schutt (1933-1934)

Schuttoff (1925-1933)
Schuettoff.jpg

Wandlerの社員が独立して起こした会社ですが、
最後はDKWに吸収されてしまいました。
この会社があったケムニッツは他にもたくさん
バイク、自動車、エンジンの会社があったようです。

S & G (1926-1932)

Sigurd (1937-1940)
Sigurd.jpg

SACHS製のエンジンを積んでいます。

Simson (1950~)
simson.jpg

今でもバイクを作っている会社ですが、
ここも東ドイツ時代に辛酸をなめました。
写真のS51は今でもファンの多いバイクです。

SMW (1923-1933)

Spiegler (1923-1932)

Standard (1925-1952)
standard.jpg


Stellbrink (19??-19??)

Stock (1923-1933)
stock.jpg

Stoewer (1943-1944)
Stoewer.jpg


Stricker (1931/32-1939)

Sudbrack (1939-1956)
sudback.jpg

ここも鉄製品の会社だったようです。











[ 2007/04/05 20:22 ] よもやま話 | TB(0) | CM(0)

ダブルポイント Part2 

昨日の続きでダブルポイントの調整方法です。

まずはドエルアングルの調整です。
ドエルアングルについては以前このブログでご紹介していますので、そちらを見てください。
http://diewerke.blog87.fc2.com/blog-date-20070127.html
ここです。

さてドエルアングルも普通にに計ってしまうと両方のポイントの合計しか表示されません。
片方が大きくもう片方が小さくても合計が規定値になり得るのです。
ではどうすれば・・そうですね、片方の接点に紙などを入れて閉じないようにしてやって、片側ずつ調整してやればいいのです。
dp-4

規定値の約半分のアングルを両方のポイントで差がないようにしてやれば、ほぼ合うはずです。
ちなみにこのエンジンでは合計で40度ぐらいでしょう。
dp-3
このディストリビューターには調整用の変心スクリューがついているので、意外と調整しやすいです。
dp-2
ドエルアングルテスターをお持ちでなければ、ポイントギャップを0.3mmぐらいにしてください。あくまでも目安なのでご納得の上でですが・・

次は二つのポイントのタイミング調整です。
この調整は最低タイミングライトがないと調整できませんが、サーキットテスターでポイントの導通を見ながらクランクをゆっくり回して、接点が離れた瞬間のタイミングを見る方法もあります。
ちょっとややこしいですか?

次へ進みます。
タイミングライトを使用しての調整です。
エンジンを始動して通常ののイグニションタイミングを確認します。
このときタイミングライトのピックアップは1番に繋ぎますね。

このエンジンの点火順序は 1-5-3-6-2-4 なので、もう一つのポイントのタイミングを確認できるのは6番になりますから、6番でもう一度タイミングを点検します。
このタイミングに差があればサブ側のポイントの位置を調整し、タイミングを同じにしてやればOKです。

ポイントの交換がこんなに面倒な作業になってしまいます。
メンテナンスには根気が必要なのですね。
頑張らねば・・(^_^;

[ 2007/04/04 20:48 ] W112 | TB(0) | CM(0)

ダブルポイント 

あちこちで桜が満開になっているようですね。
でも今日はすごく寒くないですか?

ここヴェルケのある枚方市では今の気温6℃・・・
近くに氷室という地名があるので、このあたりは特別寒いのかもしれませんが、とても花見などできる気温ではありませんです(- -;
みなさまお風邪など召しませぬように。

さて今日のテーマのダブルポイントとはイグニションシステムのコンタクトポイントが2つ付いているものですね。

ここで紹介するのはメルセデスのW112の300SEに積まれているM189エンジンです。数少ない珍しいエンジンの一つですね。
dp-6
デスキャップの形もプラグコードが横向きに配置される形になっています。
エンジンの高さに制限があるからですね。

デスキャップとローターを外しポイントを見てみましょう。
dp-1
写真のように向かい合うように配置されています。
このエンジンは6気筒なのでカムが3角形になっています。
二つのポイントが交互に開閉するには正反対の位置になるのですね。
ちなみに8気筒なら45度オフセットしてやらなければなりません。

右側のポイントは進角プレートの上に直接取り付けられていますが、左側のポイントは二つのバランス調整のために、さらにもう一段上のプレートに取り付けられています。

何のためにこんなややこしいダブルポイントにしてあるのでしょうか。
設計をした方に聞いてみたいものですが、ポイントが消耗品であることから考えると、おそらく信頼性の向上と高回転でポイントの追従性をよくするためではないかと思います。
そうだとするとやはりメルセデスらしいなあと関心してしまいますね。

さあ問題は、どうやって調整するんでしょう・・・

説明は明日にしますので、ちょっと考えてみてくださいね。
ではまた、あした(^o^)/~
[ 2007/04/03 21:05 ] W112 | TB(0) | CM(0)

チョークシステム 

チョークシステム・・インジェクションではウォームアップコントロールになるのでしょうか。
今ではすべて自動になっていますからそんな言葉さえなくなってしまってますが、キャブレターからインジェクションに進化し変更され始め、ちょうど僕の世代ぐらいがキャブレターエンジンを調整した最後の世代になるのでしょうね。

僕が学生のころはまだオートチョークすらなく、朝エンジンをかける時には室内からチョークレバーを引いてからセルを回してました。
失敗するとかぶってしまってエンジンがかからなくなってしうなんてことがたまに・・
チョークを戻すのを忘れてずーと走ってて燃料が一瞬でなくってしまったという経験もあったり・・いろいろと大変でしたね。
そんな車に乗っていた方々は「懐かしいな~」なんて思っているんではないですか。

前置きが長くなってしまいましたが、メルセデスのゼニスキャブレターのオートチョークシステムの調整を少しだけ紹介します。
choke_6.jpg
向かって左側に付いているのがチョークシステムです。

オートチョークなのでバイメタルでチョークフラップの開閉をします。
choke_5.jpg
まずはこのバイメタルの位置が合っているかどうかを確かめます。
choke_1.jpg choke_2.jpg
バイメタルスプリングのエンド部分とハウジングのアイマークとが一致するようにバイメタルをよじるように調整します。

バイメタルハウジングの取り付けの際は反時計回りにスライドさせながら(チョークフラップが閉じていくのを確認)リッチの位置まで回し固定します。
choke_4.jpg

リッチの位置で固定したときにチョークフラップが全閉していなければなりませんが、ここでスロットルリンケージがアイドルアップ用のカムに引っかかっていることがありますから、一度スロットルを開いてフリーにしてやることを忘れないでください。
choke_3.jpg
もし完全に閉じていないようならば、写真のように横のストッパービスを緩めて調整してください。(引っかからない程度に)

この状態でエンジン始動したときに、チョークフラップが少し開く(ハウジングとの隙間が3mm程度)ようであればOKです。
この隙間にも調整がありますが、ちょっと細かくなるので必要ならばご連絡ください。

これでフラップの調整はできましたが、チョークシステムにはもっと詳細に調整するところがあります。
またご紹介することがあると思いますので、その時までお預けにしておきますね。(^^)/


[ 2007/04/02 19:39 ] 簡単整備 | TB(0) | CM(0)

W111のフューエルタンクユニット 

フューエルタンクユニットと聞いて何のことかわかる方、結構自分で車をいじってるでしょう?
通常見えるところには付いていませんから知らないのが普通です。
名称は知ってるけど見たことはないという程度がほとんどだと思いますので、ちょっと紹介しますね。

別にすごいものではありません。ただの燃料メーターのセンサーです。

W111のタンクユニットを外してみます。
今回この作業の目的はタンクの内部を点検するためですが、タンクユニットを紹介したくて写真を撮りました。
このタイプの燃料タンクはトランクの下にありますから、外すのも簡単です。
tank_1.jpg

トランクの中央に丸いカバーが付いていて、それを開けると簡単に外すことができます。
tank_4.jpg tank_3.jpg

これがタンクユニットです。
tank_2.jpg
センサーのロッドの先にフロートが付いているという簡単なものですね。
ただこのタイプは古いタイプですから、機能的にちょっと問題があります。
気が付きましたか?
そうなんです、走行中タンク内の燃料が揺れるとフロートも揺れるので、メーターの指示も揺れてしまうんですね。
できるだけその揺れをなくすためにタンク内に別の仕切りを設けたりはしてあるんですが、やっぱり安定しません。

新しいタイプのタンクユニットはこんなものになっています。
tank_5.jpg
筒状の中にフロートが入れてあり、燃料は筒の小さな穴からしか出入りしないようにしてあります。
燃料が揺れても筒の中の燃料の量は急激には増減しませんから指示も安定するということですね。
これを垂直に取り付けて量を計っています。

燃料メーターの指示が変だなと思うときはこれを外して、逆さにしたりしてフロートを動かしてやれば動きが見れるので判断しやすいですね。
一度挑戦してみてください(^o^)

[ 2007/04/01 21:08 ] 簡単整備 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。