スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポルシェ356B カレラ2のエンジン 

昨日紹介しましたポルシェ356Bのエンジンですが、いろいろ調べてみました。

578/1エンジン・・これはエンジン形式で、No97001 - 97446まで446基しか生産されていません。
356の1600SCで95psから比較するとこのエンジンの130psは当時としてはすごいエンジンだったに違いありません。

部品の値段もとんでもないです。
ピストン、シリンダーASSY(1個)---  184,000円
エンジンヘッドASSY(片側)   --- 2,580,000円
生産中止になってるのでこの金額で手に入るかどうかは不明です。

また情報があればご紹介します。
スポンサーサイト
[ 2007/01/17 12:47 ] PORSCHE | TB(0) | CM(0)

ポルシェ 356B 2000GS カレラ2 

356-1

ちょっと前になりますが、めずらしい356が入庫しました。
356B 2000GS カレラ2 1963年式 1966cc DOHC4気筒 130PS

まだホームページで紹介するなんてことは考えていなかったのであまり画像は残ってませんが、ちょっとご紹介します。

356-6 356-5
エンジンのオイル漏れで預かったのですが、結局全体的の漏れておりオーバーホールに近い作業になってしまい、楽しい作業になりました。

356-10 356-8 356-9
カムシャフトの駆動がギヤによって行われているため、カムタイミングを調整するのにち
ょっと技術を要します。
カムシャフトにはアイマークのような便利なものはありませんから、バルブの開閉する角度を測定してカムタイミングを調整します。
調整の都度カムシャフト関係の部品はすべて分解しなければなりませんし、場合によってはヘッドまで外さなければなりませんから、とんでもなく大変でした。
356-15
間違いがあると大変ですので、念のためドイツよりマニュアルを取り寄せました。
356-17 356-18
このエンジンはかなりめずらしいらしく、調整の方法を知っておられる方は少ないようです。
たまたま知り合いにいなかっただけかもしれませんが・・
356-3 356-2 356-4

356-7
エンジンも調子よく、すごくきれいな車でした。
今は転売されてどこにあるかはわからないのが残念です。

今情報が入りました。
WERKEのドイツスタッフがポルシェマニアなのをころっとわすれておりました。そのまま転記します。

1961年9月にフランクフルトモーターショーで発表。Careera2の2は、2000ccから来ているみたいです。エンジンは578/1式エンジン(メカの人確認してくだされ)してありカレラ2はBのボディーで310台ほど作られたそうだ。

そうだったんです。たった310台だそうです。
[ 2007/01/16 12:25 ] PORSCHE | TB(0) | CM(6)

ポルシェ 964ターボ 

こんにちは。

ポルシェ964ターボが車検で入庫しました。
964-1

詳細はまたご紹介しますね。

話は変わりますが、近いうちにWERKEのスタッフ紹介をしたいと思っています。
写真を撮って・・・・この歳になってくるとレンズを向けられるのにすごく抵抗を感じてしまいますね。
お見せして皆様の気分を害することもあるでしょうし・・

ドイツのスタッフにもドイツらしい写真を送るよう伝えてありますが、それぞれの写真が揃い次第紹介したいと思います。
とりあえず今日の僕の仕事は、伸びっぱなしの髪を切りに行くことだと周りから言われますので、これから行ってまいります。



[ 2007/01/11 13:44 ] PORSCHE | TB(0) | CM(1)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。