スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高性能ラジエター 

こんにちは!

こんなに寒いときにラジエターのお話というのもちょっとおかしいですが、
先日ヒート気味になるW113 280SLのラジエターをワンオフで作成しました。

W113はラジエターに配置やボンネットの形状等でどうしても冷却効率が悪く、
水温が上がり気味になります。

そこで今回、冷却効率を考えて徹底したラジエターを作成!
本来なら熱伝導率を考えると銅で作りたいところですが、
お客様の要望もありアルミで作成。

110216-1 110216-2

総アルミなので加工も難しく高価なものになりましたが、
かなり期待できるラジエターになるでしょう。

上の画像から、あれ?と思われる方もおられるかとおもいますが、
そうです、水が流れるラインが横方向です。

新しい車ではよく使われている方法なんですが、
この時代の車は通常下の画像のように上から下に流れるようになっています。

110216-8

左上部から流れ込んだお湯はアッパータンク全体に流れ、
それぞれの細いウォーターラインを通ってる間に冷やされる仕組みです。
ですが、クーリングファンは画像の青い○印あたりにあるため、
アイドリング時などはファンシュラウドがあっても両サイドの部分は冷却は
あまり期待できないでしょう。

そこで今回作成したラジエターは横向きの流れに加えて、
上半分と下半分で往復することでより冷却するようにしてあります。

110216-1a

こうすることでほぼ全量を冷却されることができます。


もう一つの改良点。

110216-4

改良前のコアと改良後のコアを並べてみました。

画像でみえるでしょうか。
冷却フィンの間隔をほぼ倍の細かさで作ってます。

110216-5

空気と触れ合う面積をより多くしています。

110216-6 110216-7

この細かさだと空気の流れる抵抗はほとんど変わりません。


今回作成したこのラジエターはW113用としてはおそらく最強でしょう。
夏にその成果が発揮されることでしょうね。

では。
スポンサーサイト
[ 2011/02/16 17:16 ] 部品 | TB(0) | CM(0)

スピードメーターのリング 

メルセデスのW111やW113などのメーターに使われているメッキリング。

90926-1

サビが出てしまい磨いてもどうしようもなくなった時のパーツです。

90926-3 90926-2

メーターの内部が汚れてしまったときなどにこのメーターはリングを取り外さなければなりませんね。

90926-4 90926-5

ただこのリングはカシめてあるために取り外すと下の写真のようにどうしても変形してしまいます。

90926-6

このリングの新品が意外と手に入りにくいんです。
もちろんWERKEにはありますから、必要ならお問い合わせください^^

90926-7

裏側にはスポンジが貼り付けてあり万全です。

90926-8

今日はちょっと部品の宣伝でした(^^)
[ 2009/09/26 17:59 ] 部品 | TB(0) | CM(0)

メルセデス純正パーツ Part5 

お盆真っ盛り。
みなさまいかがお過ごしですか。
WERKEは休みなくOPENしてます。
暑いです・・・
差し入れは冷たいものがいいです(笑

昨日、今年の春に嫁に出した230TE娘が親孝行しに里帰りしてくれました。
80812-12
この娘はいい子で病気で里帰りはほとんどありません。
嫁ぎ先ではいろいろお世話になっているようですが・・・
今回は少し後から見た下着姿がちょっと綺麗になってました。

こうやってちょくちょく帰ってきてくれると嬉しいですね。

さて今日の純正部品。
先日クラッシックセンターから到着しました大きな箱。
80812-1

ちょっとめずらしい部品です。
80812-2 80812-3

W121 190SLのフロアーパネルとタイヤハウス
ディーラーから注文しても「在庫なし」といわれる部品のようです。
190SLという車自体がレアで日本に何台あるのかわかりませんが、そんな部品でも直接問い合わせればちゃんとあるんですね。
80812-4
もちろんメルセデス純正!!

先月、部品担当の加藤がドイツ・シュツットガルトにあるクラッシックセンターを訪問して、いっぱい写真を撮ってきたんですが、残念ながらほぼ全部がブレてるんです。
また後日、写真は少ないですがクラッシクセンターの紹介をしますね。


もう一つ純正パーツ。
W124 500E用のリヤのレベリングショック。
80812-5
これは特にめずらしくもない普通の部品なんですが、金額がベラボウに高い。
日本の定価だと1本11万円ほどになるんじゃないでしょうか。最近金額が変わったみたいでおよそしかわからなくて、すみません。
ドイツから直接取ればちょっとは安くなるので、必要ならご連絡くださいね(笑

このショックにはダンパー機能はなく、油圧をかけることで伸び縮みするただのシリンダーなので故障することはあまり無いはずなんです。
ただウィークポイントが一つ。
80812-6
下の取り付け部が自由に動くようにピルボールを採用していて、これにガタがでてしまうんです。

レベリング機能が付いている車ではお馴染みのリヤが跳ねるような症状で、アキュームレーターを交換した後にゴトゴトと音が出るようになる(感じる)ことが多いようです。
跳ねている時はダンパーの役目をせず、ただ押し下げているだけなので音が出ないのだろうと思います。

交換する場合には気をつけなければならないことがあります。
ハイドロリックラインのエアー抜きですね。
いい機会ですから、ちょっとご紹介しておきましょう。


まずはショックにオイルラインを取り付ける前にショックの中にオイルを一杯まで注入しておくこと。
80812-7 80812-8
ショックにはエア抜き用のブリーザーなんて付いていませんから、そのまま取り付けて空っぽのショックの中のエアーが完全に抜けることはほとんど期待できません。

次にレベリングバルブからのエア抜きですね。
80812-9
リヤのレベリングバルブは通常スタビライザーに取り付けられていますから、デフの横あたりにバルブがあることが多く、エア抜き作業はちょっとやり辛いですね。

80812-10
ブリーザーにホースを差し込んでエンジンをアイドルさせながらブリーザーを緩めます。

80812-11
このようなスロープを利用するのがいいでしょう。

最後にもう一度、ショックのところのオイルラインを緩めて少しオイルを出してやると完璧です。


整備作業の話になってしまいましたが、お役立てくださいね^^;




[ 2008/08/12 21:45 ] 部品 | TB(0) | CM(1)

メルセデス純正パーツ Part4 

ジメジメした梅雨が明けたのはいいのですが、いきなりの暑さに作業着は汗でビトビト。
雨でビトビトになるのとどちらがいいのか考えてしまいますね。
最近はもっぱら単車で通勤してるんですが、帰宅途中でとんでもない豪雨に遭ったのもかかわらず気持ちいいと感じてしまった僕はちょっと変態なんでしょうか・・・心配・・・

さて今日はメルセデス純正パーツの第4弾。シフトレバーのガタについてです。
以前シフトリンケージのブッシュの交換をご紹介しました。
メルセデス純正パーツ Part3

ブッシュを交換したのにまだガタがある・・・なんてときはシフトレバー自体のブッシュがダメになっていることがあります。
80721-1
写真は280SEクーペ3.5のシフトレバー部です。
シフトゲージのハウジングを取外すと・・
80721-2 80721-3
写真ではわかりにくいですが、シャフトの両側のブッシュがなくなっていますね。

さっそく取外して分解。洗浄しました。
80721-4
旧車メルセデスのすごいところは、こんなものまで分解できるようにしてあります。
長く乗ってくださいという考え方が嬉しいですね。

ということで、今日の純正パーツの一つめ。
80721-5
シフトレバーブッシュ。。
80721-7 80721-6
これでシフトパターンにきっちり決まる。
いい感じです。
80721-12


それでは、今日の純正パーツ2つめ。
80721-8
そうです。
探しても手に入らなかった3.5用のシフトゲージプレート!!

W113のSLのものは以前から供給されていましたが、このプレートは本国クラッシクセンターにも無く、
今回、WERKE加藤のドイツ出張で手に入れてきたものです。
「純正」?と聞かれるとちょっと怪しい・・という感じですが、VDO製で元のものとまったく同じものです。

80721-9 80721-10
どうしても力のかかる部分。このように欠けてしまうことが多かったのですが、これで一安心ですね。

80721-11 80721-13
これでスッキリしました。

ただこのメッキのハウジングは残念ながら部品供給がありません。
なんとか作れないかと試行錯誤中です。
もし入手できるようになれば、大きさ的にW111やW109だけではなく、W116やW123、W114のフロアシフトゲージに使えるようになるはずです。
メッキのシフトゲージ・・・・想像するだけでいいでしょう?

ちなみにこちらはW113のシフトゲージです。
80721-14 80721-15

ではまた(^ ^)v
[ 2008/07/22 22:17 ] 部品 | TB(0) | CM(0)

メルセデス 純正パーツ Part4 

ついにゴールデンウィークに突入しました。
みなさん楽しんでますか~
そんな中でもWERKEは休まず営業しています!

第2回 WERKE無料点検を実施中です。
この機会にぜひお越しください。


さて、今日も純正パーツのご紹介です。
まずウインドレギュレーターのスライドホルダー(SLIDING JAW)
80408-9

W126のウインドレギュレーターとウインドとの接合部に付けられている部品なんですが、よく破損します。
「ドアのガラスが落ちた~」などの故障をよく耳にすると思いますが、これが原因のことが多いです。
手動式レギュレーターの部品として供給されているものなので、パワーウインドで普通に注文するとおそらく出てきません。
場合によってはレギュレーターごと交換されてしまったオーナーも多いのではないでしょうか・・
注文の際は手動式で依頼してください。

80427-1
写真はリヤドアのウインドレギュレーターです。
80427-2
スライドの部分が破損してます。
見るからに壊れそうな部品ですね・・

80427-3
カシメになっているので、ドリルなどで取外します。

80427-5 80427-4
裏側のカバーを外して当て板をしてカシメます。
部品代は2,000円ほど。ぜひDIYで(^O^)

もう一つ!!
僕が非常に気に入っているものを紹介します。
80427-6
メルセデス純正 シーリングコンパウンド!!
簡単にいうと液体パッキンです。

ただみなさんが普段使われているシリコン系の液体パッキンとはちょっと違います。
この液体パッキンは基本的に完全には固まりません。
80427-7
これがいいんです!

つねに粘着力を保っている状態ですから、シーリング効果はずっと継続してます。
もっといいのは一度剥がしても、少し付け足してやればそのまま使えます。
80427-8 80427-9

メルセデスを取扱うなら、これを使わなきゃハズカシイ・・・
というほどいいものですよ(^ ^)


[ 2008/04/27 17:42 ] 部品 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。