スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リヤクランクシール 

今日はリヤクランクシールというあまり聞き慣れないオイルシールをご紹介します。
M117
名前の通りクランクシャフトのアウトプット側のオイルシールですね。
このオイルシールからオイルが漏れ始めると厄介ですね。
当たり前ですがミッションを外さなければ交換できません。
上の部品図はV8エンジンのM117のものですが、このタイプならばリヤカバーにシールが固定されているのでシールだけ簡単に交換できますね。

80107-3
さて問題なのがちょっと古い4気筒や6気筒のエンジンです。
このタイプのリヤシールはエンジンブロックとオイルパンに直接埋めこまれているシールで、交換するにはクランクシャフトを外さなければなりません。
80107-2 80107-4

代表的なエンジンは280などのM130エンジンやM110で、WERKEで取扱っているV8エンジン以外はほとんどこれにあたりますね。
1986以降のM103は大丈夫です。

80107-5 80107-7
写真ではわかりにくいですが、一番外側の網状になった部分がシールです。
80107-6

新品のシールと比較するとこんなに劣化しています。
80107-1
余談ですが、僕達はこのシールのことを「つちのこシール」と呼んでいます。
先輩の誰かが名付けたんだと思いますが、紐状でつちのこに似ているからでしょうね。

このタイプのリヤシール交換にはタイミングチェーンから外す必要がでてきるので、とにかく大変な作業になってしまいます。
できればそっとしておきたいところですが、今回作業したエンジンではものすごい量が漏れていたので作業するしかなかったですね。
80107-8

このように新しいシールを埋めこんで組み付ければOKなんですが、この埋めこむ作業がちょっとコツが必要で大変なんです。

6気筒エンジンのオーナーの方。
ガレージにオイルのシミは付いていませんか(^o^;

スポンサーサイト
[ 2008/02/26 20:22 ] W114 | TB(0) | CM(0)

キャブレター調整 ゼニスキャブ 

メルセデスベンツのzenithキャブレターの基本調整方法を少しご紹介します。
ここでの車はW114の250です。
その他W108なんかにもこのキャブレターが付いてますね。
zenith-1

もちろんエンジンが完全に暖まっている状態で調整します。

まずツインキャブになっているため二つの吸入空気量のバランスをとってやらないとなりません。
これにはどうしてもエアーフローテスターが必要です。
二つのキャブレターを繋いでいるリンケージを外し、それぞれ独立でスロットルを動かせるようにします。
zenith-2
アイドリング状態での微妙なスロットル開度を適当に合わせるというのはかなり難しいと思いますのでやはりテスターが必要でしょう。
どうしても用意ができないならば、下の写真のリンケージの長さを同じにしてやれば応急的には大丈夫でしょう。
zenith-7
写真のリンケージの長さを調整しながらバランスを合わせます。
zenith-4 zenith-3
アイドリングをおよそ800~900rpmになるようにしながら両方が同じ流量になるように調整します。

次にアイドルミクスチャーを調整します。
zenith-8 zenith-5
時計回りに回せば燃料が薄くなります。
今調子よく回転しているとして、片方のキャブのミクスチャーをゆっくり絞って(時計回り)いきますとあるところから急にエンジンが不調にないます。
そこから半回転戻します(反時計回り)
この時点でエンジンが調子良ければもう片方のキャブで同じことをします。
ちょっと調子が良くないようならもう1/4回転ずつ戻してやります。

本来ならCOテスターで排気ガスの状態を見ながら調整してやる方がいいですが、個人の方でそんなテスターをお持ちの方はほぼおられないでしょうから、ここではおよその調整になります。
COの値は最初の半回転戻したところでおよそ1.0%前後になってると思います。
ちなみに車検での保安基準では4.5%以下にしなければなりません。

ここまで終了しましたらもう一度流量のバランスをとりながらアイドリングを合わせます。
調整が終わったら先ほど外したリンケージを繋ぎます。

次にダイヤフラムの調整です。
zenith-8
先ほどと同じ写真ですが、ダイヤフラムのバキュームを外して回転数が1500rpm前後になるように先端の8mmを回して調整します。
バキュームを繋ぎダイヤフラムガスロットルリンケージをぎりぎり押さないところまでスプリング部のナットで調整します。

基本的な調整は以上ですが、ファーストアイドルの調整などもあります。
zenith-6
チョークフラップの位置やバイメタルの調整など、かなり複雑なのでもし不具合があればWERKEにお越しくださいね。(^^)/
[ 2007/03/10 19:17 ] W114 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。