スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メルセデスの車台番号の意味 

さて、今日はすでにご存知の方も多いかと思いますが、
メルセデスの車台番号の意味を説明したいと思います。

現行車種も含めて比較的新しい車両には「WDB」から始まる
数字とアルファベットの17桁の英数字が車台番号になっています。
これは1981年に定められたISO規格に基づいています。
1981年以前は各メーカーがそれぞれ独自に車台番号をつけていましたが、現在、ヨーロッパで販売されるすべての車にこのISO規格の17桁の番号がついています。

ISO規格

最初の3桁 :各自動車メーカのコード
      例:メルセデス WDB
        オペル   W0L
        VW     WVW
        ポルシェ  WPO

4~8桁目 :車種、エンジンタイプ

9~17桁目 :各車両の固有番号

上記はあくまでISO規格ですので
メルセデスの場合はさらに詳しく分類されます。

最初の3桁 :WDB メーカー固有コード

4~6桁目 :車両型式

7~9桁目 :車体形状やバージョン、エンジンの種類を表します。

10桁目  :ハンドルの位置を表します。
        1=左ハンドル
        2=右ハンドル

11桁目  :年式によって表示の意味が変わります。
        ・数字の場合(ミッションの型式)1960年~1983年
          0=マニュアルミッション MT
          2=オートマチックミッション AT
        ・アルファベットの場合(製造工場)1983年以降
          A,B,C,D,E=Sindelfingen(ジンデルフィンゲン:ドイツ)
          F,G,H=Bremen(ブレーメン:ドイツ)
          J=Rastatt(ラスタット:ドイツ)
          X=Graz(グラーツ:オーストリア)
          R=East London(イーストロンドン:南アフリカ)

        ※上記のアルファベットの表はあくまで参考です。
          製造工場は車種により記載が変わっている場合があるようです。
         詳しくご存知のかたは是非教えてください。

12~17桁目 車両固有の製造番号

車台番号には結構な意味が含まれています。
みなさんもご自身のメルセデスの車台番号で見てみてください。

 80126.jpg

スポンサーサイト
[ 2008/01/26 18:18 ] よもやま話 | TB(0) | CM(2)

ドイツの自動車、バイクの会社-7-  

今回でこのシリーズも最後です。
20世紀の初期から中期にかけて、これだけのメーカーが生まれては消えていくというのは、それだけこの「エンジンが付いた乗り物」にはかり知れない魅力があるということなのだと思います。
今では自動車やバイクを生産している会社は減ってしまいましたが、その魅力は全く変わらず、今でも私達をドキドキさせてくれます。


Tempo (1928-1936)
tempo.jpg


Tornax (1926-1955 ,1982-1984)
tornax.jpg


Torpedo (1928-1956)
torpedo.jpg


Triumph (TWN) (1903-1907, 1919-1943 (1948-1957))
triumph.jpg


Urania (1934-1939)
urania.jpg


U.T. (1921-1959)
ut.jpg


Vaterland (1933-1939)
Vaterland.jpg

自転車しか画像が見つかりませんでした。

Victoria (1901-1914, 1920-1945, 1947-1958)
victoria.jpg


Walter (1903-1908, 1926-1932, 1935-1942)
WalterStand.jpg


Wanderer (1902-1942-?)
Wanderer.jpg

画像はAutounionの一員として生産された車両です。

Wellerdiek (1938-1939)
Wellerdiek.jpg


Wendax (1931-1935)
wendax.jpg

Werno (1925-1933)

Wiga (1928-1932)

Wimmer (1921-1939)
wimmer.jpg


Windhoff (1925-1933)
windhoff.jpg

今は鉄道車両を作っているようです。

Wittler (1923-1926, 1931-1939 (1949-1956))
wittler.jpg

Wurring (1921-1959)

Wurttembergia (1925-1933)
wuerttembergia.jpg


Zundapp (1921-1984)
zundapp.jpg

バイクでは有名ですが、1957,58年には4輪も生産していました。
前後のドアは非常に個性的です。

Zust

また機会があれば、何かテーマを決めて調べてみたいと思います。

[ 2007/04/15 22:08 ] よもやま話 | TB(0) | CM(3)

ドイツの自動車、バイクの会社-6-  

きょうのドイツの自動車、バイクの会社は「S」からです。
ここにあるSIMSONのバイクは今でもバイクを製造していますが、
旧東独時代のスクーターやバイクは今でもかなりの人気です。
なかでもこのSchwalbe(つばめ)は映画
「グッバイレーニン」
で主人公が乗っていたバイクで私もドイツで本気で買おうか悩んだバイクです。
Simson_Schwalbe.jpg



Schliha (1924-1933)
Schliha.jpg


Schurhoff (19??-19??)
今も自転車は製造しているようです。

Schutt (1933-1934)

Schuttoff (1925-1933)
Schuettoff.jpg

Wandlerの社員が独立して起こした会社ですが、
最後はDKWに吸収されてしまいました。
この会社があったケムニッツは他にもたくさん
バイク、自動車、エンジンの会社があったようです。

S & G (1926-1932)

Sigurd (1937-1940)
Sigurd.jpg

SACHS製のエンジンを積んでいます。

Simson (1950~)
simson.jpg

今でもバイクを作っている会社ですが、
ここも東ドイツ時代に辛酸をなめました。
写真のS51は今でもファンの多いバイクです。

SMW (1923-1933)

Spiegler (1923-1932)

Standard (1925-1952)
standard.jpg


Stellbrink (19??-19??)

Stock (1923-1933)
stock.jpg

Stoewer (1943-1944)
Stoewer.jpg


Stricker (1931/32-1939)

Sudbrack (1939-1956)
sudback.jpg

ここも鉄製品の会社だったようです。











[ 2007/04/05 20:22 ] よもやま話 | TB(0) | CM(0)

ドイツの自動車、バイクの会社-5- 

ドイツの自動車、バイクの会社の続きです。
今日は戦前の会社が多く画像を探すのに苦労しました。
NSUを調べているときに分かったのですが、
日本でもホンダやスズキなどがロータリーのバイクを商品化する寸前までいっていたんですね。どちらもオイルショックにより商品化断念だそうです。

National (?-1938-?)

Nofa (19??-19??)
nofa.jpg


NSU (1901-1958)
NSU_Wankel_Spider.jpg

世界で初めてロータリーエンジンを積んだ車を量産した会社です。
写真はその初のロータリー車「ヴァンケル・スパイダー」

OD (1927-1936)
OD.jpg

Omnia (1931-1933)

Otto (1921-1937)

Panther (1933-1940 (1948-1976))
panther.jpg


Patria (1925-1926, 1931-1940 (1949-1952))
Patria.jpg

刃物で有名なゾーリンゲンの会社です。
画像がこれしかありませんでした。

Phanomen (1903-1910, 1930-1940)
Phanomen.jpg

画像は警察車両で4輪駆動です。

Phonix (1933-1939)
Phonix.jpg


Presto (1901-1907, 1931-1944)
presto.jpg


Renner-Original (1924-1932)
renner.jpg


Rinne (1924-1932)

Rixe (1934-1940 (1948-1984))
Rixe.jpg


RMW-Phonix (1926-1957)
RMW.jpg

エンジンなししか見つかりませんでした。

Rupp (1928-1932)

[ 2007/03/31 21:39 ] よもやま話 | TB(0) | CM(4)

ドイツの自動車、バイクの会社-4-  

ドイツの自動車、バイクの会社
本日は「I」からです。
こうしてみるとかつての東ドイツにもすばらしいメーカーがいくつもあったようです。冷戦がなければドイツの自動車メーカーは今の倍以上あったかもしれません。
しかも、偏見かもしれませんがデザインがかわいいのが多い!


IFA (1949-1956)
ifa.jpg

東西ドイツが分裂後、東ドイツ地域にあった自動車会社をまとめたものがIFAでした。
前述のEMWや後述のMZ、トラバントなどすべてIFAのグループです。
統一直後はまだそれぞれの会社が独自に車両を生産していましたが
徐々に統一されていったようです。
IFAの名前でも車を作っていました。


Imperia (1923-1935)

Javon (1929-1932)

KG (1921-1932)

Killinger & Freund (1938)
Killinger.jpg


これはプロトタイプのみ作られたようですが、
曲線が美しいバイクです。
しかも、大変めずらしい前輪駆動!です。

KR (1930-1933)

Lutran (1924-1933)

Maico (1926-1935 (1948-1987))
maico.jpg


Mammut (1925-1953)
mamut.jpg


Mars (MA) (1903-1914, 1920-1940, 1951-1957)
mars.jpg


Mauser (1924-1927 (-1932?))

Meister (1924, 1931-1940 (1949-1957))
meister.jpg


Miele (1932-1940 (1948-1961))
miele.jpg

今ではドイツの高級家電で有名ですが、
かつての関連工場でバイクも生産していたようです。

Move (19??-19??)
moeve.jpg


MZ (1953~)
mz.jpg

今のアウディの前身DKWからバイクの専門メーカーとして分離独立しました。
東ドイツ時代に辛酸をなめたあと、今でもバイクメーカーとして存続しています。




[ 2007/03/29 20:50 ] よもやま話 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

werke


オールドメルセデスの
ファクトリー

http://werke.jp

ブログランキング

FC2ブログランキング

クリックお願いします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。